マル秘 資産形成術

0

     

     

     

    あなたはお金持ちになるまで何年待てますか?

     

    50年・・・30年・・・20年???

     

    彼から学んだ友人・知人はどうなったのか?

     

    中には彼より裕福になった者もいたのです。

     

     

     

     

     

     

     

    彼 作者マスターソンは

     

    自分の成功や失敗から学んできました。

     

    しかし自分の経験から学べないことは

     

    知人の経験から学びました。

     

    それらをまとめたのが、本書になります。

     

     

     

     

     

     

    高額な数字はともかく色々ありとしても

     

    ご自分のビジネスと並行されて

     

    一度、読んでみるのもよさそうですが。

     

     

     

     

     

     

     

    目次ご紹介(一部です)

     

     

     

    FOREWORD
     

    達成可能な成功への道

     

    目的地にたどり着くためには

     

    何が必要かがわかる…001

     

     

     

     

     

    INTRODUCTION
     

    7年で百万ドル

     

    悠々自適な暮らしができる資産をつくる…004

    お金持ちになるまであなたは何年待てるか?…005

     

    蓄財の要素のどれか1つを増大させる…007

     

     

     

     

     

     

     

    第I部
     

    7年で億万長者になる
     

    それはほんとうに実現可能なことなのか?

     

     

     

     

     

     

     

    CHAPTER 1
     

    目標
     

    何度も短期間で百万ドルを達成したマイケルの物語
     

     

    第一歩は優先順位を付けること…019
     

    最優先事項にずっと集中し続ける…020
     

    どうしたら収入が飛躍的に増えるかを考える…021
     

    こうと決めた道を迷わず進む…023
     

    最初の百万ドルを得るきっかけ…024
     

    臆病な起業家としてスタート台に立つ…026

     

     

     

     

     

     

     

     

    CHAPTER 2
     

    羅針盤
     

    資産をどうやってつくるかの基本
     

     

    押しの強さで答えを引き出すセールスの天才…031
     

    粘り強さと聡明な頭脳を兼ね備える最高のメンター…033
     

    誓いこそ、経済的自立への第1歩…035
     

    資産はどれくらいあれば十分か?…038
     

    7桁の富の4つのレベル…040
     

    百万ドルあれば、どんなライフスタイルが実現するか…043
     

    あなたに必要ライフスタイルが、250万ドルだったら…044
     

    さらなるレベルを目指す――550万ドルをベースにした生活…047
     

    900万ドルの資金から生まれる究極のライフスタイル…048
     

    毎年33万ドル以上を投資できなかったら?…052
     

    収入のどれぐらいを貯蓄するべきか?…055

     

     

     

     

     

     

     

     

    第II部
     

    8つのサクセスストーリー
     

    進む道の先に富が待っている

     

     

     

     

     

     

    CHAPTER 3
     

    一会社員から万長者に


    どん底から復活したオードリー・マクスウェルの物語
     

     

    マイナスから百万ドルまでの道のり…064
     

    将来の財務状態に責任を持つと決意したきっかけ…070
     

    あなたがオードリーのやり方を取り入れるには…073
     

    どうしたら会社の持ち分を経営者から獲得できるか…075
     

    交渉で、欲しいものを手に入れるために、考慮すべきこと…083
     

    オファーの見直しによって売り上げを急増させる…085
     

    顧客との関係が始まったら、バックエンドを確立すべし…087
     

    不動産の購入は場所と時を考慮して決める…089
     

    引退しても悠々自適に暮らすためのマネープラン…094

     

     

     

     

     

     

     

    CHAPTER 4
     

    販売のスキルを力に
     

    バックエンドを活用したアラン・シルバーの物語
     

     

    報酬よりもビジネスの成長を最優先する…100
     

    経営に乗り出したアランがぶつかった大きな壁…101
     

    ライバルとの差別化を図る…107
     

    アランが手に入れた、ほんとうに豊かな生活…109
     

    ビジネスマンのアランが、短期間で億万長者になれた理由…111
     

    支援してくれる人のリストをつくる…113
     

    フロントエンド――目に見えない黄金のカギを見つけるには…119
     

    バックエンドのマーケティングを成功させる秘密…123
     

    優れた従業員を優遇する…126

     

     

     

     

     

     

     

     

    CHAPTER 5
     

    成功の基盤は電話セールス
     

    起業の虫ブルース・バッファーの物語
     

     

    富とは何かに思い至ったとき、価値観が大きく変わった…131
     

    巨大な富につながる可能性を見つける…132
     

    ブルースが手に入れた百万ドルのライフスタイル…135
     

    ブルースが成功できた6つの秘密…136
     

    次の目標はもっと面白い…139

     

     

     

     

     

     

     

    CHAPTER 6
     

    破産からの復活
     

    熱心さで活路を見出したジャスティン・フォードの物語
     

     

    給料のいい会社を辞めざるを得なくなった理由…142
     

    アドバイスを無視したジャスティンは大きなミスを犯す…143
     

    セールスライティングの道に光明を見出す…145
     

    新しい商品のアイデアに胸を躍らせる…148
     

    不動産投資の世界へ飛び込むと決めた理由…153
     

    自動的に収入を生み出すマシンを構築する…157
     

    ジャスティンの経験から学ぶべきこと…158

     

     

     

    続く・・・・

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    作者 マイケル・マスタ−ソンは
    年商100億円以上の会社を2社、
    50億円以上の会社が2社、
    10億円以上の会社を10社以上保有、
    ダイレクト・レスポンス・マ−ケティングの
    世界で屈指の実績を誇るス−パ−起業家。

     

     

     

     

     

     

     

     

     
      人気ブログランキング

     

     

    にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     


    ビジネスに活用する英語!

    0

       

       

       

       

      英語学習でこのような悩みを抱えていませんか?

       

       

      ・オンライン英会話や自己学習が継続できない。

       

      ・何をすれば英語力が上がるのかがわからない。

       

      ・自分の英語力がビジネスシーンで全く通用しなかった。

       

      ・TOEICの点数は上がったが、肝心の英会話ができない。

       

       

       

       

       

       

      英語学習にコンサルティングという新しい提案

       

       

      PROGRIT

       

       

      従来型の英会話スクールではありません。
       

       

       

       

       

      短期間で確実に英語力を上げ、

       

      ビジネスで活躍するための
       

      英語学習コンサルティングです。

       

       

       

       

       

      詳細はこちらから

       

       

       ↓↓↓

       

       

       

      ビジネス英会話

       

       

       

       

       

       

      ところで!

       

      ビジネスのアイデアですが

       

       

       

       

       

       

      日本にしかないものを

       

      外国のお客様の指定のお店から購入して

       

      送ってあげる英語サイトなど

       

      面白そうですね。

       

       

       

       

       

       

      信用がついて

       

      固定のお客様がつくと

       

      ちょっとしたビジネスに

       

      なるかも・・・。

       

       

       

       

       

       

       

       
        人気ブログランキング

       

      にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
      にほんブログ村

       

       

       

       

       

       

       

       


      一生、お客に困らない! 起業術

      0

         

         

         

         

        「一生、お客に困らない!フリーエージェント起業術」

         

         

         

        起業塾レベルの内容が

         

        という評判もある一冊です。
         

        あなたのビジネスの参考になるかも。

         

         

         

         

        = 商品の説明 =

         

         

         

        あなたは起業でこんな間違いをしていませんか?

         

         

         

        なぜ、商品が良くても潰れる会社が後を立たないのか、

         

        あなたは知っていますか?

         

         

         

        もしあなたが、カイロプラクター、歯科医、

         

        エステティシャンなどのサービス業なら、

         

        なぜ腕がいいだけではダメなのか、

         

        あなたは知っていますか?

         

         

         

        なぜ、全てのお客さんに丁寧に接してはいけないのか、

         

        あなたは知っていますか?

         

         

         

         

         

         

         

         

        「マーケティングの教祖」と呼ばれるマイケル・ポートによると、

         

        これらが起業したての初心者に限らず、

         

        経営者のほとんどが知らずに犯してしまう間違いの一例です。

         

         

         

         

         

         

         

        しかしこれらは、もっとも致命的な間違いに比べれば

         

        とるにたらないものです。それは、、、

         

         

         

         

         

         

         

         

        競合がひしめく中で、

         

        どのようにお客さんを集めればいいかわからない

         

        という間違いです。これは大きな問題です。

         

         

         

           

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         
          人気ブログランキング

         

        にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
        にほんブログ村

         

         

         

         

         

         


        会員制ビジネス

        0

           

           

           

           

          会員制ビジネス

           

          今日のお話は

           

          前回ご紹介いたしました

           

          プロダクト・ロ−ンチとは

           

          継続的収入を目指す点で

           

          方法が異なります。

           

           

           

           

           

           

          ・・・・金を払う側から受け取る側になりたい。

           

          事業家なら、

           

          そんなことを思うときが

           

          ちょくちょくありますよね。

           

           

           

           

           

          たとえば行列のできているレストランを見て、

           

          「食べてみたい」と思うのではなく、

           

          「オーナーはウハウハだろうな」と思う。

           

           

           

           

           

          そして、

           

          「どうやって集客をしているのだろう?」

           

          と想像をふくらませる。

           

          ・・・というような感じです。

           

           

           

           

           

          最近、私もふと、

           

          携帯電話料金の明細書を見て、

           

          そんなことを思いました。

           

           

           

           

           

          何気なく、毎月支払っている携帯電話代。

           

          これ、当たり前のように毎月払っているけど、

           

           

           

           

          逆に言うと、

           

          携帯電話会社は当たり前のように毎月、

           

          お金を受け取っている、

           

          ということ。

           

           

           

           

           

          つまり毎月、

           

          継続した収入が入ってくる、、、

           

          ということ。

           

           

           

           

           

          これを見て私は、

           

           毎月毎月、お金を「支払う」側ではなく、

           

          毎月毎月、お金を「受け取る」側になりたい。

           

          そう率直に感じました。

           

           

           

           

           

          でも、、、

           

          毎月当たり前のように、

           

          定期収入が入ってくるビジネス。

           

           

           

           

           

          どうすればそれを「持つ」ことが

           

          できるのでしょうか…?

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          毎月自動的に流れ込んでくる

           

          継続した安定収入。

           

          これがあればビジネスは

           

          おもいっきり変わります…

           

           

           

           

           

           

          想像してみてください。

           

          あなたが持っている会員制ビジネスから、

           

          毎月毎月、安定した収入が入ってきます…

           

           

           

           

           

          たとえば

           

          2月1日の時点で。

           

          3月1日の時点で。

           

           

           

           

           

          その月にたとえ新規の顧客を

           

          一人も獲得できなくても、

           

          一切の営業活動をしていなくて、

           

          新しく1つも商品が売れなくても、

           

           

           

           

           

           

          一定の収入がその月に入ってくることが

           

          すでに「約束」されている、

           

          ということです。

           

           

           

           

           

          それだけではありません。

           

          来月も再来月も、

           

          6ヶ月後であっても、、、

           

           

           

           

           

          将来入ってくる収入が

           

          ある程度「予測」できるので、

           

          目先の心配が大幅に減って、

           

          安心して先のことに取り組むことができます。

           

           

           

           

           

          そうなれば例えば、

           

          新しい商品を作るために

           

          時間やお金を使うこともできますし、

           

           

           

           

          新しく優秀な人材を雇って事業を拡大したり、

           

          あなたの右腕になれるように

           

          じっくり育てることもできます。

           

           

           

           

           

          あるいは一気に投資をして

           

          「会員数」を増やすこともできますし、、、

           

           

           

           

           

          たまには仕事のことはすっかり忘れて、

           

          南の島でゆっくりすることもできるでしょう。

           

           

           

           

           

           

          なぜなら次の月も、

           

          またその次の月も、

           

          どれくらいの収入が入ってくるかが

           

          「既にわかっている」からです。

           

           

           

           

           

          もしあなたが、

           

          定額サービス

           

          会員制の飲食店サービス

           

          ソフトウェア アプリ

           

          メンバーシップサイト

           

          有料メルマガ

           

          コミュニティ・ビジネス などの

           

           

           

           

           

          会員制ビジネスを立ち上げ、

           

          今年中に軌道に載せたいなら、、、

           

           

           

           

          新刊本

           

          「シリコンバレー発 会員制ビジネス起業術」

           

          を試してみてください。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           
            人気ブログランキング

           

          にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
          にほんブログ村

           

           

           

           

           

           

           

           


          180度変えてしまったプロダクトローンチ

          0

             

             

             

            フードスタンプ。

             

            あなたはこの言葉をご存じでしょうか。

             

             

             

             

            日本人にはあまり聞き慣れない

             

            言葉かもしれません。

             

             

             

             

             

            「フードスタンプ」とは

             

            米国政府が低所得者向けに行なう

             

            食料扶助のことなのですが、、、

             

             

             

             

             

             

            実はほんの数年前まで

             

            この「フードスタンプ」によって

             

            なんとかその命を生き永らえていた 男性がいます。

             

             

             

             

             

             

            名前はジョン・ギャラガー。

             

            既婚者で、幼い子どもが2人、

             

            鍼師(はりし)の資格を 取るために

             

            学校に通いながら NPO団体のボランティアとしても

             

            献身的に活動する熱い男です。

             

             

             

             

             

             

             

            俗にいう器用貧乏だった彼は

             

            満足な経済力もなく、

             

            家族を食べせていくために

             

            フードスタンプに頼らざるを得なかったのです。

             

             

             

             

             

             

             

            しかし彼には夢がありました。

             

             

             

             

             

             

            食用の薬草やハーブを

             

            野山で採取したり調理したりすることに

             

            何よりも情熱を注いでいたので、

             

             

             

             

             

             

            「子ども向けに遊びながら

             

            ハーブを学べるボードゲームを作りたい!」

             

            という夢をもっていたのです。

             

             

             

             

             

             

            普通そんな夢を聞いたら、

             

            「どこにそんなもののニーズがあるんだ」

             

            と思うでしょう。

             

             

             

             

             

             

             

            ジョンが周囲のそんな声に

             

            耳を傾けるはずもなく

             

            彼は意気揚々と

             

            2万ドル(約200万円)の借金をして

             

            ボードゲームを1500個も作りました。

             

             

             

             

             

             

             

            あとはご想像の通り、

             

            当時のジョンにマーケティングの知識など

             

            全くなかったですから、

             

            最初のパーティで売れたのはわずか12個。

             

            なんと1488個が売れ残ったのです。

             

             

             

             

             

             

             

            部屋を埋め尽くす大量の在庫に

             

            囲まれて眠りにつくジョン。。。

             

             

             

             

             

             

            目をつむれば考えるのは 借金のこと、

             

            家族のことばかりでした。

             

             

             

             

             

             

             

            そんな絶望の淵にいたジョンに

             

            ある日一筋の光が差し込みます。

             

             

             

             

             

             

            新進気鋭のオンラインマーケティング、

             

            「プロダクトローンチ」に出会ったのです。

             

             

             

             

             

             

             

            ジョンは父親にさらに借金をし、

             

            プロダクトローンチを必死に学びました。

             

             

             

             

             

             

             

            パソコンは借り物、

             

            ネット回線も

             

            地元の図書館の回線を借りていたくらい、

             

            彼の生活レベルはギリギリだったのです。

             

             

             

             

             

             

             

            そして、

             

            プロダクトローンチを

             

            実践した結果どうなったか?

             

             

             

             

             

             

            なんとジョンは現在にいたるまで

             

            オリジナルのボードゲーム、

             

            「ハーブアドベンチャー」を

             

            累計5万個以上販売しているのです。

             

             

             

             

             

             

             

            家族を養う事すらままならず、

             

            フードスタンプで生き永らえていた男の人生を

             

            180度変えてしまった「プロダクトローンチ」。

             

             

             

             

             

             

             

            この手法は彼の人生だけでなく、

             

            オンラインビジネスの常識を変えました。

             

             

             

             

             

             

             

            今日あなたにご案内する本

             

            「ザ・ローンチ」では

             

            今回ご紹介したジョン・ギャラガーの他、

             

             

             

             

             

            多くの事例とともに、

             

            「プロダクトローンチ」の

             

            テクニックが掲載されています。

             

             

             

             

             

             

             

             

            オンラインマーケティングを学びたい方には

             

            非常にオススメの1冊になります。

             

             

             

             

             

             

            「プロダクトローンチ」という興味からでなくても

             

            リアルなビジネスの学びとしても

             

            おススメです。

             

            是非、お早目にチェックしてみてください。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             
              人気ブログランキング

             

            にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
            にほんブログ村

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             


            成功している事例を変更?まさか

            0

               

               

               

               

              あなたが社長やマーケティングの担当者で、

               

              会社の利益をもっとあげたいけど

               

              今の方法に行き詰まりを感じたことは

               

              ありませんか?

               

               

               

               

               

               

               

              新しいマーケティングや

               

              プロモーションのアイディアを 練る事は

               

              大変ですし時間もかかります。

               

               

               

               

               

               

               

              実際考えてプロモーションを仕掛けてみたけど、

               

              全く成果が出なかった。

               

              ということはよくある話です。

               

               

               

               

               

               

               

              ではどうやって効率よく

               

              マーケティングを仕掛けるのか?

               

               

               

               

               

               

              ダン・ケネディは

               

              マーケティングのアイディアを 「作り出した」として

               

              多額の報酬を得ていますが、

               

               

               

               

               

               

               

              しかし実際彼は

               

              成功している事例やプロモーションを

               

              「可能な時はいつでも合法的に盗む」

               

              スタイルをとっています。

               

               

               

               

               

               

               

              「素晴らしいアイディアは

               

              だいたい、すでに作られていたり

               

              使われていたりする物事から生まれる」

               

              と言っています。

               

               

               

               

               

               

               

              すでに成功している事例を

               

              自分の マーケティングやプロモーションに

               

              変更して使うだけで、

               

              時間短縮にも繋がるし、

               

              成功する確率もとても高くなります。

               

               

               

               

               

               

               

              しかしほとんどの人は、

               

              一から自分で考えてしまうために、

               

              時間を無駄にかけたり、

               

              行き詰まりを感じてしまっています。

               

               

               

               

               

               

               

              このように現場で起きてる問題の解決法、

               

              現場で使える成長戦略、

               

              マーケティング戦略などを、

               

               

               

               

               

               

               

              この本

               

              「億万長者のビジネス戦略」で教えてくれます。

               

               

               

               

               

              ・これはモチベーションを上げるための本ではありません。

               

              ・理論だけを覚えて、知識を増やすだけの本ではありません。

               

              ・「いい話を聞いた」と、それだけで終わる本ではありません。

               

               

               

               

               

               

               

              もしあなたが起業家として成功するための

               

              現実的な方法やプロセスなどを学びたいのであれば、

               

              是非この本を読んでみてください。

               

               

               

               

               

               

               

              ビジネスに活用できるアイディア

               

              たくさん詰まっています。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               
                人気ブログランキング

               

              にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
              にほんブログ村

               

               

               

               

               

               


              ブログがネットショップに早変わり!

              0

                 

                 

                 

                 

                ブログでネットショップを運営できる?

                 

                 

                 

                 

                 

                「イ−ジ−・マイショップ」です。

                 

                 

                 

                 

                 

                あなたの趣味のブログ

                 

                ブログのテ−マに沿った

                 

                あなたの商品を購入できる

                 

                カ−トボタンを貼り

                 

                ネットショップにする

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                という事が出来るものですが

                 

                簡単そうですし、面白そうですね。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                このサイトにはその説明がありますので

                 

                ご覧ください。

                 

                https://www.easy-myshop.jp/cgi-bin/otasuke/myshop.cgi?read=903

                 

                 

                 

                 

                 

                ブログのファン数、読者数など

                 

                「集客」をご自分でどのようにするかが

                 

                大事なポイントかと思われますが、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                カートボタンを貼るだけでホームページやブログがネットショップに早変わり【イージーマイショップ】

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                いくつかのプランがあるので

                 

                内容・料金はよくご確認を!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 
                  人気ブログランキング

                 

                にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
                にほんブログ村

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                読者を惹きつけるコンテンツの作り方

                0

                   

                   

                   

                   

                  もし、あなたが

                   

                  ・ネットの訪問者をお客に変える方法が分からない。

                   

                  ・ブログやメルマガ、フェイスブックを始めたいが  

                   

                   何を書けばいいか分からない。

                   

                  ・読者を惹きつけるコンテンツの作り方が分からない。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  といったことに悩んだことがあるなら

                   

                  「コンテンツ・マーケティング64の法則」

                   

                  が役に立つでしょう。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  ブログ、フェイスブック、メルマガ、Twitter

                   

                  といったメディアを使って

                   

                  集客しようすると必ずぶち当たる壁。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  それが、、、

                   

                  ”面白いコンテンツが作れない” ということです。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  事実、ある米国の調査によると、

                   

                  コンテンツ・マーケティングの課題の1番は

                   

                  「夢中にさせるコンテンツを作れないこと」で、

                   

                  全回答の41%を占めています。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  いくら、YouTubeなどの新しいメディアを取り入れても・・・

                   

                  いくら、多くのメディアを使っても・・・

                   

                  いくら、1日に3回も5回も記事を更新しても・・・

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  結局のところ、

                   

                  面白いコンテンツが作れなくては

                   

                  何の価値もありません。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  では・・・

                   

                  お客さんを集める記事と

                   

                  見向きもされない記事は何が違うのか?

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  お客さんをファンにする記事と

                   

                  そうでない記事では何が違うのか?

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  売上に直結する記事と

                   

                  いい話聞いたなで終わる記事では何が違うのか?

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  その答えは、、、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  = 本書の内容 一部 =

                   

                   

                  “どのように”言うかを考える前に、

                   

                  “何を”言いたいのかを考えることが

                   

                  最初のステップになります。

                   

                   

                   

                   

                   

                  本書では、

                   

                  よくあるコンテンツの書き方の本とは違い、

                   

                  コンテンツで何を、どう書けばいいかの

                   

                  両方を明らかにしています。

                   

                   

                   

                   

                   

                  なので、

                   

                  あなたの伝えたいことの

                   

                  キーポイントを作って形にする、

                   

                  つまり文章にする方法がわかります。

                   

                   

                   

                   

                   

                  あなたの書きたいことを発見する方法です。

                   

                  指示通りにすれば、あなたが書くことが決まります。

                   

                  ・・・とあります。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  本の構成は、

                   

                  必要なところをかいつまんで読めるように

                   

                  なっていますので

                   

                  スピ−デイに参考にできます。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   
                    人気ブログランキング

                   

                  にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
                  にほんブログ村

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  あなたのニッチ戦略が簡単にできる!

                  0

                     


                     

                    この書籍「ドラッカ−に学ぶニッチ戦略の教科書」に

                     

                    シンプルな付録ワークシート

                     

                    がついています。

                     

                     

                     

                     

                     

                    ニッチ戦略策定ワ−クシ−ト

                     

                    ワークシート1   ニッチ戦略シート…1表
                     

                    ワークシート1a ニッチ戦略シートの記入事例…1裏
                     

                    ワークシート2a アクションプランシート3カ年…2表
                     

                    ワークシート2b アクションプランシート年間…2裏
                     

                    ワークシート3   既存事業の分析シ−ト
                     

                    ワークシート4   競合分析シ−ト
                     

                    ワークシート5   事業展開の方向確認シ−ト

                     

                     

                     

                     

                     

                    ワークシートの記入で

                     

                    あなたの強みをあぶり出し、

                     

                    国内129の豊富な事例が

                     

                    あなたの想像力を掻き立てる…

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    どうすれば、


                    独自の市場をつくりだせるのか?

                     

                    それが本書のメインテーマです。

                     

                    ワークシートの記入で

                     

                    出来上がるというのが

                     

                    魅力です。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    書籍内容の目次だけでも

                     

                    ボリュ−ムが大きいので

                     

                    大項目のみ記述いたしますと

                     

                     

                     

                     

                    1、ニッチ市場を理解する

                     

                    2、ニッチ市場を作る

                     

                    3、ニッチ戦略を策定する

                     

                    4、ドラッカ−流・経営基礎知識

                     

                    5、ニッチ戦略のために問うべきこと

                     

                     

                     

                    という感じです。

                     

                     

                     

                    それぞれについて

                     

                    詳細に語られています。

                     

                    実践型の内容ですね。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     
                      人気ブログランキング

                     

                    にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
                    にほんブログ村

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    成功者の裏側

                    0

                       

                       

                       

                      一時引き寄せの法則というのが流行りました。

                       

                      しかし、実際のところ引き寄せの法則は

                       

                      とても誤解されています。

                       

                       

                       

                       

                       

                      頭の中で自分が引き寄せたい事を考えていれば

                       

                      自然とそれがやってくる・・・

                       

                      なんてことは起きないのはあなたもご存じでしょう。

                       

                       

                       

                       

                       

                      自分が引き寄せたいことがあれば、

                       

                      それを引き寄せるための行動をしなければいけません。

                       

                       

                       

                       

                       

                      本書「お金を生み出す26の原則」では

                       

                      通常は明かされない「富を引き寄せる方法」

                       

                      について紹介しています。

                       

                       

                       

                       

                       

                      次の3人の共通点を考えてみて頂きたい。

                       

                      3人共今は莫大な富を得ている人物です。

                       

                      ウォルト・ディズニー

                       

                      ヘンリー・フォード

                       

                      サム・ウォルトン

                       

                       

                       

                       

                       

                      共通点は業界でNo1の地位を確立したこと?

                       

                      確かにそれもそうですが、

                       

                      もう1つ重要な共通点があります。

                       

                       

                       

                       

                       

                      それは成功者が共通してもっているものですが、

                       

                      あまり知られていないものです。 

                       

                       

                       

                       

                       

                      もう1人共通点をもつ代表的な人を 上げてみましょう。

                       

                      ドナルド・トランプ。

                       

                      さて、わかったでしょうか?

                       

                       

                       

                       

                       

                      そう、この4人の共通点 それは、

                       

                      破産した経験があるということです。

                       

                       

                       

                       

                       

                      著者のダン・ケネディは

                       

                      成功者に共通する秘密は、

                       

                      破産経験があるという事実だ。

                       

                       

                       

                       

                       

                      破産に至らないまでも

                       

                      大失敗をしたことがあることだ。

                       

                       と言います。

                       

                       

                       

                       

                       

                      なぜ成功者には

                       

                      そのような信じがたい共通点があるのでしょうか?

                       

                       

                       

                       

                       

                      それは、事業を成功させて富を築くには

                       

                      リスクや失敗を恐れてはいけないということを知っており、

                       

                      実際にチャレンジしていくからです。

                       

                       

                       

                       

                       

                      失敗なしに、

                       

                      そしてリスクを取ることなしに

                       

                      大きな成功はありえません。

                       

                       

                       

                       

                       

                      そして、破産や破産に近い大失敗をすることで、

                       

                      お金は取り返せるものだと理解するのだと

                       

                      ケネディはいいます。

                       

                       

                       

                       

                       

                      “お金を怖がっている内は

                       

                      富を引き寄せることはできない。

                       

                      お金を失う恐怖心を乗り越えたとき、

                       

                      富を引き寄せる力が開放される。

                       

                       

                       

                       

                       

                      本書「お金を生み出す26の行動原則」では、

                       

                      一般の本では決して明かされない

                       

                      億万長者だけが知っている

                       

                      不都合なお金の真実が紹介されています

                       

                       

                       

                       ↓

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       
                        人気ブログランキング

                       

                      にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
                      にほんブログ村

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       



                      ご連絡メ−ルアドレス

                      ビジネスの初歩などご意見交換の親睦目的のアドレスです。  fukucyan@hanjoueigyo.xyz

                      おねがいしま〜す

                      人気ブログランキング

                      Googleadsence

                      にほんブログ村

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      書いた記事数:151 最後に更新した日:2019/02/17

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM