失敗しないスタートアップ

0

     

     

     

     

       

     

     

     

     

     

    この書籍の概要を

     

    Amazonの商品説明の一部を

     

    抜粋し、簡略化しますと、

     

     

     

     

     

     

    どうすれば起業の失敗を避けられるのか。

    いつ、何を達成すれば目標に向かって前進できているのか

     

    それを確認できるものさしが今までなかった。
     

     

     

     



    起業家がカスタマーから

     

    熱烈に愛されるプロダクトを生み出し、

     

    スケール(事業拡大)できるようになるまでの

     

    考え方を20ステップで整理。
     

     

     

     

     

     

    この本で示した基本的な型を身につければ

     

    失敗しないスタートアップ』は

     

    高い確率で実現できる。
     

     

     

     

     

     

    というものです。

     

    起業をすでにしていても

     

    興味のあるところ。

     

     

     

     

     

     

    主な内容≫は


    第1章 IDEA VERIFICATION(アイデアの検証)


    第2章 CUSTOMER PROBLEM FIT(課題の質を上げる)


    第3章 PROBLEM SOLUTION FIT(ソリューションの検証)


    第4章 PRODUCT MARKET FIT(人が欲しがるものを作る)


    第5章 TRANSITION TO SCALE(スケールするための変革)

     

     

     

     

     

    と、

     

    知りたいことばかりですね。

     

    中古本を探したとしても

     

    価格もさすがに高いようですが。

     

     

     

     

     

    起業の前とか、早い時期に

     

    読んでおいたほうが良さそうです。

     

    応用が利きそう!

     

     

     

                

            

                      

       

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     
      人気ブログランキング

     

    にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     


    「情報ダイエット」!

    0

       

       

       

      「情報ダイエット」

       

       

       

       

      増え続ける情報に、

       

      無駄な時間を使ったり、振り回されたり

       

      と思うことが・・・

       

       

       

       

       

      自分に必要な、

       

      有益な情報だけを取り入れたい

       

      そんな時に

       

       

         ↓

       

       

       

       

       

        

       

       

       

       

       

       

      Amazonの内容紹介

       

       

      情報過多の時代と言われて数年が経ちました。

       

      年々増え続ける情報に、

       

      無駄な時間を使ったり、

       

      振り回されてしまうことも多いのではないでしょうか。

       

       

       

       

       

       

       

      今、必要なのは、情報を遮断し、

       

      自分に必要な情報だけを取り出す力です。

       

       

       

       

       

       

       

      本書では、人気プロデューサーのおちまさとが、

       

      巷にあふれる情報を取捨選択し、

       

      自分に有益な情報だけを取り入れるための

       

      「自分フィルター」の作り方を指南します。

       

       

       

       

       

      トレンドを知ると、頭が悪くなる!

       

       

       

       

       

       

      おち式「情報ダイエット」で

       

      “自分に必要な情報”だけが手に入る!

       

       

       

       

        ↓↓↓

       

       

       

       

       

         

       

       

       

       

       

      ビジネス書を読む場合も

       

      「選択」のテクニックは必要かなとも!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       
        人気ブログランキング

       

      にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
      にほんブログ村

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       


      こんなの、見たことありますか!?

      0




        この本を見たとき、自分の目を疑いました。

        なぜならこの本、

         

         

         

         

         

         

        ・Amazon.comでレビュー平均4.9点

         

        ・236件のレビューのうち、89%の208件が満点の5つ星

         

        ・2点以下のレビューなし(98%が4つ星以上)
         

         

         

         

         

        ・2015国際ブックアワード 一般ビジネス書部門 優勝

         

        ・2015全米インディーズエクセレンス賞 

         

           一般ビジネス書部門 優勝

         

        ・2015読者が選ぶ国際ブックアワード 

         

           ノンフィクションビジネス部門 金メダル受賞
         

         

         

         

         

         

        ・2015パリ・ブックフェスティバル賞 ビジネス書部門 優勝

         

        ・2015サンフランシスコ・ブックフェスティバル賞 

         

           ビジネス書部門 優勝

         

         

         

         

         


        という、すさまじい評価を受けていたからです。
         

         

         

         

         

         


        「会社の売上を何倍にも拡大できます」

         

        「経営の問題が解消します」
         

         

         

         

         

         

         

        ・・・というような経営本はたくさんありますが、

        (そして、ビジョナリー・カンパニーやドラッカー、

         

        コトラーなど「名著」と呼ばれるものもたくさんありますが)

        これほどまでに「偏った」評価の本を見たことはありません。

         

         

         

         

         



        この本、

        「たった1枚の」経営ツールを使うだけで、

         

        会社をスムーズに拡大、成長させることができる、

        というコンセプトなのですが、

         

         

         

         

         

         

         

        すでに30年以上の実績があり、

         

        4万社が導入している、というのです。
         

         

         

         

         

         

         

        この本の「経営ツール」は、

        ある経営者に40億円の資産をもたらし、

         

        ある会社を1,000億円以上の規模へと成長させたのですが、、、
         

         

         

         

         

         

         

        さて、それはどんな本でしょうか??

         

         


                ↓↓↓

         

         


        それが新刊本、

         

        「スケーリング・アップ」です。

         

         

         

                 ↓

         

         

         






         

         

         

         

         

         

         
          人気ブログランキング

         

        にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
        にほんブログ村

         

         

         

         

         

         


        これからの日本の論点 日経大予測2019

        0

           

          これからの日本の論点 日経大予測2019 Kindle版 

           

           

           

           

          2018も評価は良かったようですので

           

          載せてみました。

           

           

           

          内容の紹介

           

           

           

          日経の編集委員・コメンテーターだから書ける! 

           

          日本の明日を左右する重大テーマを一気読み! 
           

           

           

           

           

           

          新内閣が発足。安倍一強はどこまで続くか?

           

           

          ・2019年10月、いよいよ消費増税! そのとき日本経済は?

           

           

          ・米国vs中国、世界経済を揺るがす貿易摩擦のゆくえは?

           

           

          ・審判下される「トランプの2年」。暴走は続くのか?

           

           

          習近平帝国はどこまで勢力を拡大するか?

           

           

          ・日本の安全保障の行方は?

           

           

          ・迫るブレグジット、ユーロ改革、難民問題……

           

           揺れるEUはどうなる?

           

           

          ・スタートアップ最前線。第2のメルカリはいるのか? 

           

           

          ・拡大するアマゾン経済圏。テクノロジーで

           

           変わる消費、小売り・流通のこれから

           

           

          AI・テクノロジーが変える経営、その未来像は?

           

           

          働き方改革の関連法施行へ。実現へのハードルは?

           

           

          日銀「ステルス緩和」がめざすものは?

           

           

           ほか

           

           

           

              ↓↓↓

           

           

           

              

           

           

           

           

           

           

           

          つづいて

           

          文芸春秋オピニオン 2019年の論点100 Kindle版

           

           

          こちらも評判が良さそうです!

           

           

           

          「2019年の論点100」の内容は




          見開きで日本の課題がわかる!

           

          最重要テーマに最速アクセスの頼れる決定版



          1、安倍長期政権と日本

           

           

          2、御代替わり

           

           

          3、自然災害と防災

           

           

          4、スポーツ

           

           

          5、社会

           

           

          6、経済

           

           

          7、教育と科学技術

           

           

          8、国際問題と朝鮮半島

           

           

          9、文化・芸能とマスコミ

           

           

          10、生活と健康

           

           

          などです。

           

          こちらもあわせてどうぞ!

           

           

           

              ↓↓↓

           

           

           

              

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           
            人気ブログランキング

           

          にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
          にほんブログ村

           

           

           

           

           

           


          え?『プルスウルトラJ』秘密結社

          0

             

             

             

             

             

            コンサルタントのための秘密結社

             

            北岡秀紀の『プルスウルトラJ』

             

             

             

             

            それは何?

             

             

             

             

             

            怪しいものではございません。

             

            コンサルタントの必要な情報源を

             

            毎月提供する会員サービスです。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            「定年後の仕事はあるのか?」

             

            あなたは不安にいるかもいるかもしれません。

             

             

             

             


            実際株式会社リクルートジョブズが実施した

             

            「シニア層の就業実態・意識調査2018」によると、
             

             

             

             

             

            ・30%以上の人が定年後の仕事が見つからず、

             

            就職を諦めなければならなくなっているそうです。
             

             

             

             

             

             

            さらに、、

             

            明治安田生命が行なった

             

            「50 代・60 代の働き方に関する意識と実態 」によると、
             

             

             

             

             

             

            定年退職者の91.8%が現役時代よりも収入がダウン。

             

            しかも4割の人は現役時代の半分以下の

             

            年収になってしまうそうです。
             

             

             

             

             

             

             

            とてもショッキングな内容ですが、

             

            これは事実です。
             

             

             

             

             

             

            私たちが思い描いていた悠々自適な老後は、

             

            想像以上に厳しい壮絶な毎日になるかもしれません。
             

             

             

             

             

             

            あなたは、この話を聞いて、

             

            ”定年後の生活”をどう生き抜いていきますか?

             

            今のうちからどう備えますか?
             

             

             

             

             

             

            再雇用制度を利用して今の会社で働き続けるでしょうか?

             

            待遇のいい会社に転職するでしょうか?

             

            それとも新たに株式や不動産に投資をするでしょうか?
             

             

             

             

             

             

            もちろんどれも立派な選択です。

            ただし、これよりももっといい方法があります。

             

             

             

             

             

             

            しかもこの方法ならあなたのこれまでの

             

            知識と経験を利用して会社員時代よりも

             

            多くの収入を稼げる可能性もあるのです

             

             

                ↓

             

             

            北岡秀紀の『プルスウルトラJ』

             

             

             

             

             


            *下記に実績のご参考です!

             

            北岡秀紀の直接指導を受けた方

             

            北岡秀紀のオンライン講座で学ばれた方

             

            両方を含んでいますが



            ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
            <実績一覧>

             

             

             


            <実績1>

             

            コンサルタント経験のなかった男性が

            初年度は年商680万円

            2年目は1180万円

             

             

             


            <実績2>
            エステサロンで働く女性が
            8人のクライアントを獲得し、
            240万円の売上を達成

             

             



            <実績3>
            公務員の男性は副業の段階で
            3社と契約を獲得。

            第二の収入源を作ることに
            成功しました。

             

             



            <実績4>
            工業関連の仕事で自営業している男性は、
            副業で100万円の売上を達成。

             

             


            <実績5>
            ウェブ制作会社で働いていた
            男性がコンサルタントとして独立

            本業とは別に半年間で
            250万円の売上を達成

             

             



            <実績6>
            52歳の男性が、コンサル独立1年目で、
             クライアントの売上は1億以上を達成!

             

             

             


            <実績7>
            「翻訳会社の社長がコンサルタントになり、
             本業以外の収入源を確立」




            以上はご参考の実績です。

             

             

              ↓

             

             

            北岡秀紀の『プルスウルトラJ』

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             
              人気ブログランキング

             

             

            にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
            にほんブログ村

             

             

             

             


             


            自分を最高値で売る方法

            0

               

               

               

               

              あなたに質問です。

               

               

               

               

              次の質問に答えてみてください。

               

               

               

               

              1、あなたは作業をしてお金をもらいたいですか?

               

                それとも、人を動かしてお金をもらいたいですか?

               

               

               

              2、あなたはお金と時間の自由を、引退後のゴ−ルにしますか?

               

                それともお金と時間の自由をスタ−トにしますか?

               

               

               

              3、あなたは人と同じことをして安心を得ますか?

               

                それとも人と違うことをして高額を得ますか?

               

               

               

              4、あなたは働き甲斐だけで満足しますか?

               

                それとも働き甲斐いと高額報酬の両方で満足しますか?

               

               

               

              5、あなたは報酬を人に決めてもらいますか?

               

                それとも最高値の報酬を自ら提案しますか

               

               

                  ・

                  ・

                  ・

                  ・

                  ・

                  ・

                  ・

                  ・

                  ・

                  ・

               

               

              さて、どうでしたでしょうか。

               

               

                          ・

                  ・

                  ・

                  ・

                  ・

                  ・

               

               

              この問いはと言いますと

               

               

               

               

               

               

              これは

               

              自分を安売りをする人

               

              自分を最高値で売る人についての

               

              比較チェックをする問いでした。

               

               

               

               

               

               

               

              例えばですが

               

              ここに二人のビジネスマンがいたとします。

               

              同じような商談をしていたとしても

               

              一人は相手が聞いてもいないのに

               

              真っ先に商品のPRと値段の話を持ち出して

               

              安くするからと購入を催促するとします。

               

               

               

               

               

               

              かたやもう一人は、

               

              自分にしかないノウハウや

               

              その成功例の話などの

               

              興味を持ってもらう話をして

               

              「自分」を売り込むという

               

              ビジネスのスタイルをとります。

               

               

               

               

               

               

              この2人のビジネススタイルを比較しますと

               

              自分を高く売っているのは

               

              もうお分かりの通り

               

              ・・・ですね。

               

               

               

               

               

               

              これから紹介する本には

               

              分かりやすい「たとえ」が載っています。

               

               

               

               

               

              1釣り具を売る人と

               

               

              2、その釣り具を使って得た自分の釣り方を売る

               

               

               

               

               

               

              上記「2」の自分の方法で人を教育することを売ることの優位性

               

              自分を高く売る「自分高額商品化」について

               

              数多くの成功実例を交えて

               

              実践するための方法が書かれています。

               

               

               

               

               

               

              著者自身が自給900円の

               

              日雇いアルバイトの経験もあるところが、

               

              妙に説得力を感じます。

               

               

               

               

               

               

              書籍の6ペ−ジ

               

              ビジネスをする者は自分を高値で売る、

               

              安売りはしない」というところには

               

              共感するところです。

               

               

               

               

               

               

              あと、印象的なのは

               

               

               

               

               

               

              お金と時間の自由は目的ではなく、

               

              人生をダイナミックに楽しむための資源だ。」との

               

              著者の言葉に含蓄を感じます。

               

               

               

               

               

               

              「Amazon」でも1位になったビジネス書籍ですが、

               

              あなたも一度、読んでみられても損はありません、

               

              すぐに使えるかも!!!

               

               

               

               

               

              こちらからどうぞ!

               

               

               

                 ↓ ↓ ↓

               

               

               

               

                  

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               
                人気ブログランキング

               

               

               

              にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
              にほんブログ村

               

               

               

               

               

               


              局地戦なら大企業を打ち負かす

              0

                 

                 

                 

                中小零細事業者の黒字経営バイブル!

                 

                「小さな会社の稼ぐ技術 ​」」

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                Kindle版が、手早く読めましたが、


                「内容の説明」にこうあります。

                 

                 

                 

                 

                 

                ============================

                 

                 

                 

                大手(強者)と同じやり方では、

                 

                負けて当たり前。

                 

                弱者には、弱者に最適な「正しい勝ち方」がある! 
                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                頑張っているのに儲けが出ない、

                 

                という話をよく聞きます。

                 

                その原因は何か。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                外部環境のせいではなく

                 

                戦略が間違っているからかも、

                 

                あるいは戦略がないからかもしれない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                メディアに出てくる経営戦略は、

                 

                概して大企業用(強者)のものばかり。

                 

                 

                 

                 

                 


                中小零細が実践してもうまくいかない。

                 

                弱者には弱者の戦略があります。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                弱者でも、正しい戦略を実践すれば相当しぶとい。

                 

                いや、局地戦なら大企業を打ち負かすことができる。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                実際の戦争でも、

                 

                大国がゲリラ戦で打ち負かされる時代だ。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                中小零細企業、個人事業主が

                 

                利益を出すための「正しい戦略」とその実践方法を、

                 

                本書で余すところなくお伝えする。
                 

                 

                 

                 

                 

                 

                ◎竹田式「弱者の戦略」の4大ポイント

                 

                 

                (その1) 差別化。人と同じはかなりやばい。

                 

                 

                (その2) 小さな1位。人は1位は覚えるが、2位以下は覚えない

                 

                 

                (その3) 一点集中。「強者」は何でもやる。

                 

                         「弱者」は1つに絞る。

                 

                 

                (その4) 接近戦。常に相手の上をいく作戦を考える。

                 

                 

                 

                 

                ============================

                 

                「正しい戦略」とその実践方法を書いた

                 

                「小さな会社の稼ぐ技術 」

                 

                今すぐ読めます!

                 

                 

                 

                   ↓

                 

                 

                 

                 

                   

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 
                  人気ブログランキング

                 

                 

                にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
                にほんブログ村

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                ずるい!?専門知識を利用して収入を得る秘密

                0

                   

                   

                   

                   

                  コンサルタントと聞くと、

                   

                  企業相手に経営の指導をする頭のいい人、、
                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  そんなイメージを

                   

                  持たれるかもしれませんが、

                   

                  そういった人ばかりではありません。
                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  お客さんの問題を専門的な知識・知恵・

                   

                  ノウハウ・技術を使って解決する人のことを

                   

                  私たちはコンサルタントと定義しています。
                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  つまり、あなたがこれまで培ってきた経験を使って、

                   

                  お客さんが抱えている問題を

                   

                  解決してあげることができれば、
                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  それはもう立派な

                   

                  コンサルティングになるのです。
                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  例えば、


                  【実際にコンサルタントになった人たちの実績】
                   

                   

                   

                   

                   


                  [実績1]

                   

                  コンサルタント経験のなかった男性が

                  初年度は年商680万円

                  2年目は1180万円

                   

                   

                   



                  [実績2]

                   

                  エステサロンで働く女性が

                   

                  8人のクライアントを獲得し、

                   

                  240万円の売上を達成

                   

                   

                   



                  [実績3]

                   

                  公務員の男性は副業の段階で

                   

                  3社と契約を獲得。

                  第二の収入源を作ることに

                   

                  成功しました。

                   

                   

                   

                   

                   

                  [実績4]

                   

                  工業関連の仕事で自営業している男性は、

                   

                  副業で100万円の売上を達成。
                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  [実績5]

                   

                  ウェブ制作会社で働いていた

                   

                  男性がコンサルタントとして独立

                  本業とは別に半年間で

                   

                  250万円の売上を達成、

                   

                   

                  など。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  こんな風に、これまでの経験で学んだ

                   

                  自分の知識やスキルを活かして、

                  困っている人の問題を解決してあげれば、

                   

                  それはお客さんにとって、とても価値のある

                   

                  コンサルティングになります。
                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  その結果、

                   

                  お客さんからとても喜ばれますし、

                   

                  サラリーマン時代をはるかに上回る収入が手に入る、、

                   

                  そんな可能性だってあるんです。

                   

                  (たとえ、、労働時間が減ったとしてもです。)
                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  しかも、コンサルタントになるために

                   

                  新たな知識を身につける必要は一切ありません。

                   

                  多額な資金や特別なコネも必要ありません。

                  必要なのは、あなたのこれまでの”経験”たったそれだけです。

                   

                   

                   

                   

                   


                  そして、、

                   

                  あなたがこれまでの経験を活かして

                   

                  確実に今以上の収入を手に入れたいのなら、、

                   

                  この書籍はきっとあなたの役に立つはずです。

                   

                   

                   

                           ↓↓↓

                   

                   

                   

                   


                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   
                    人気ブログランキング

                   

                  にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
                  にほんブログ村

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  ビジネスモデル2.0図鑑

                  0

                     

                     

                     

                    ビジネスモデル2.0図鑑

                     

                     

                     

                    概略説明

                     

                    本書は、

                     

                    100個の「すごいビジネスモデル」を図解したもの。

                     

                    子どもの頃に読んだ「図鑑」のように、

                     

                    ビジネスの大枠をパッと見て

                     

                    ビジュアルでとらえることができる。
                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    注目されるスタートアップや、

                     

                    海外では有名だけれど

                     

                    国内では意外と知られていない

                     

                    ユニコーン企業、大企業が新たにはじめた新規事業など、

                     

                    幅広いジャンル、業態のビジネスモデル
                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    僕らが今置かれているビジネスの世界の常識は、

                     

                    たいへんな勢いで変化している。

                     

                     

                     

                     

                     

                    それは、

                     

                    「昨日やっていたことに工夫を凝らして改善してみよう」

                     

                    というレベルのものではなく、

                     

                    「昨日やっていたことが、まったく通用しない」

                     

                    「昨日良しとされていたことが、悪とされてしまう」

                     

                    というくらい、「劇的」で「破壊的」なものだ。

                     

                     

                     

                     

                     


                    そして、

                     

                    その変化が最もわかりやすい形であらわれるのが

                     

                    「ビジネスモデル」だと、考えている。

                     

                    どんな仕組みをつくったら、生き残れるか? 

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    これはビジネスにおける根本的な問いだ。

                     

                    裏を返せば「これまでの仕組みが通用しない」ことは、

                     

                    企業、産業の生き死にに直結する大問題となってしまう。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    どれほど優秀な人材を集めても、

                     

                    どれほど設備に多額の投資をしても、

                     

                    「仕組み」自体が通用しなくなったら、

                     

                    そこで終わりだからだ。

                     

                     

                         

                     

                     

                       

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     
                      人気ブログランキング

                     

                    にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
                    にほんブログ村

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    勝手にお金を遠ざけている?

                    0

                       

                       

                       

                      ”ほとんどの人は

                       

                      勝手にお金を遠ざけている”

                       

                      と言ったら

                       

                      あなたはどう思うでしょうか?
                       

                       

                       

                       

                       


                      いや、そんなことってありえる?

                       

                      と思うかも知れません。
                       

                       

                       

                       

                       


                      しかし、事実

                       

                      ある固定概念が邪魔しているせいで

                       

                      ほとんどの人が、

                       

                      勝手にお金を自分から遠ざけているのです…

                       

                       

                       

                       



                      なぜそんなことが言えるのか?
                       

                       

                       

                       


                      多くの億万長者を輩出してきた

                       

                      ミリオネアメーカー「ダン・ケネディ」は

                       

                      こう言います。

                       

                       

                       


                      =====================

                       

                       

                      私はこれまで営業に携わる

                       

                      多くの人と仕事をしてきた。
                       

                       

                       

                       


                      例えば、

                       

                      保険や車や火災報知機の販売員など

                       

                       

                       


                      自分はセールスマンだと自覚している人もいれば

                       

                      歯科医や心理学者のように自覚がない人もいる。
                       

                       

                       

                       


                      固定概念に縛られている証拠として

                       

                      全員に共通する点が2つある。
                       

                       

                       

                       

                       

                      1つは適正な価格についてだ。
                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      誰もが価格の交渉を恐れ、

                       

                      値上げに踏みきれず、

                       

                      ライバルよりも高い値を

                       

                      つけてないかびくびくしている。
                       

                       

                       

                       

                       


                      私はかつて何度も大変な時間と労力を掛けて

                       

                      クライアントを説き伏せ現状よりも

                      業界の相場よりもそして

                       

                      ライバルよりも高く値段をつけた経験がある。
                       

                       

                       

                       

                       


                      提供する専門知識やサービスに見合う金額を

                       

                      客からもらうためだ。
                       

                       

                       

                       

                       


                      多くの場合、

                       

                      料金や価格を2倍から20倍にしたが、

                       

                      それで客を失った試しは一度もない。
                       

                       

                       

                       


                      それまでが安すぎたのだ。
                       

                       

                       

                       


                      ここで問題なのは、

                       

                      現実にどれだけ安いかではなく

                       

                      営業する側に

                       

                      勝手な思い込みや恐怖心があることだ。
                       

                       

                       

                       



                      もう1つは自信なさそうに値段を告げる点だ。

                       

                       



                      時々冗談交じりに話をするのだが、
                       

                       

                       

                       

                      私のコピーライター業の報酬は

                       

                      1案件全体で3万〜7万ドル以上、

                       

                      広告やセールスレターは別途で1本につき

                       

                      1万5000ドル、それにロイヤリティが加わる。
                       

                       

                       

                       

                       


                      これほど高額な報酬を得られるのは、

                       

                      コピーライターとして

                       

                      力量が優れているからではない。
                       

                       

                       

                       

                       


                      目を晒したり、

                       

                      言いよどんだりせずに、

                       

                      はっきりと値段を告げるからに他ならない。

                       

                       

                       

                       

                       

                      美術品や骨董品を扱う業者が

                      値段を記した紙片を

                       

                      机上ですべらせるようにして寄こすのは

                      私のようにハッキリと

                       

                      値段を告げる能力がないからだ。

                      頼まれてもいないのに、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      値引きしたい衝動に駆られる。

                       

                       

                       

                       

                      高すぎると思われるのではないかと

                       

                      取越し苦労をして不安になるからだ。

                       

                       

                       

                       



                      客の反応を恐れるあまり、

                       

                      きっぱり言い切ることができないのだ。

                      =================

                       

                       

                       

                       


                      値段が高すぎると決めつけて

                       

                      二の足を踏んでしまうことはよくあることです。

                       

                       

                       



                      それは、お金を必要以上に貰うことが

                       

                      相手から奪っているような気がするからです。
                       

                       

                       

                       

                       

                      つまり、

                      お金を稼ぐこと=罪

                      という意識があるからです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      しかし、、、

                      それは真実ではありません。

                      真実はこうです。

                       

                       

                       

                       

                       



                      「億万長者のお金を生み出す26の行動原則」P27

                       

                       

                      ==================
                       

                      あなたがいくら手に入れようと、

                       

                      他の誰かがどれだけ得たか、

                       

                      あるいは失ったか

                       

                      ということとは無関係なのだ。
                       

                       

                       

                       


                      富を引き寄せる能力を高めて

                       

                      全開にしたいなら

                       

                      良心の呵責をすてることだ。

                       

                       

                       



                      引け目も自制心も一切無用だ。
                       

                       



                      あけすけに言えば、

                       

                      他人の経済状況がどうであろうと

                       

                      商売相手がだれだろうと

                       

                      自分にはこれっぽちも関係ないと割切ることだ。
                       

                      ==================

                       

                       

                       

                       

                       


                      良心は捨てて、割り切る…
                       

                       

                       

                      それが、

                       

                      あなたやあなたの会社に

                       

                      無限のお金をもたらすために

                       

                      真っ先にすべきことかもしれません。。。

                       

                       

                       



                      お金について考え方を180度変えてしまうかもしれない…

                       

                      億万長者のお金を生み出す26の行動原則

                       

                       


                            ↓

                       

                       

                       

                        

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       
                        人気ブログランキング

                       

                      にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
                      にほんブログ村

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       



                      ご連絡メ−ルアドレス

                      ビジネスの初歩などご意見交換の親睦目的のアドレスです。  fukucyan@hanjoueigyo.xyz

                      おねがいしま〜す

                      人気ブログランキング

                      Googleadsence

                      にほんブログ村

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      書いた記事数:155 最後に更新した日:2019/04/09

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM