ブランディング

0

     

     

     

    ブランディング

     

    聞いたことはあっても

     

    いまいち何のことやら・・・

     

     

     

     

     

     

    新商品に取り組むときに!

     

    新事業に取り組むときに!

     

    知っておきたい

     

    ブランディングについて

     

     

     

     

     

     

     

    私も新商品に取り組むにあたって

     

    あらためて「ブランディング」について

     

    知ってみようと思いました。

     

    どうもいまいちピンとこなかったんです。

     

     

     

     

     

     

    私が読んだ =1つ目のご紹介本=

     

    「ダイレクト・ブランディング」

     

    ダイレクトマ−ケティングの過程とともに

     

    ブランディングを構築し、強化することについて

     

    まとめられた書籍。

     

     

     

     

     

     

     

    ダン・S・ケネディが、

     

    セールスしながらできる

     

    ブランド戦略を徹底解説したものです。

     

     

     

     

     

     

    280ペ−ジ程の書籍ですが

     

    自分に必要なところだけ

     

    飛ばし読みしましたので

     

    あっという間に読み終えました。

     

    私は本を読むのが超遅いわけなのですが。

     

     

     

     

     

     

     

     

    で、内容自体は簡単でした。

     

    あとは自分のビジネスに

     

    有効な方法を選択するというところです。

     

     

     

     

       ↓

     

     

     

     

       

     

     

     

     

     

     

     

    つぎに =2つ目のご紹介本= ですが

     

     

    「ストーリーブランド戦略」という書籍です。

     

     

     

     

     

     

    こちらも

     

    必要なところだけ読みでしたので

     

    あっという間に読み終えました。

     

     

     

     

     

     

     

    米国で毎年3000社を超える企業が導入

     

    情報過多社会の中でも

     

    「売れる商品メッセージ」が作れる

     

    ストーリーブランド・フレームワーク

     

     

     

     

     

     

     

    ですが、それは?

     

     

     

     

     

     

     

    “混乱させたら負けだ。”

     

    一方で、情報を分かりやすく整理すると、

     

    消費者は関心を持ってくれる。

     

     

     

     

     

     

     

    ” 「メッセージが複雑すぎる」”

     

    これは多くの経営者や

     

    マーケティング担当者が犯す最大の過ち。

     

     

     

     

     

     

     

    多くの人は商品の魅力を知りすぎているがゆえに、

     

    商品のことをあれもこれも伝えようとする。

     

     

     

     

     

     

     

    ですが、情報過多の今の時代

     

    「メッセージの複雑さ」は悪。

     

     

     

     

     

     

     

    というのも、

     

    人は本能的に大量の情報が押し寄せると、

     

    それらの情報を拒絶するからです。

     

    とあります。

     

     

     

     

     

     

     

    実際、

     

    消費者が関心を持たない情報を

     

    発信し続けたために、

     

    廃業に追い込まれる企業も少なくありません。

     

     

     

     

     

     

     

    では、

     

    どうすれば、消費者が耳を傾け、

     

    反応してくれるようになるのでしょうか?

     

     

     

     

     

     

     

    どうすれば

     

    あなたの商品・サービスのメッセージは

     

    死ぬことなく、消費者まで届くのでしょうか?

     

     

     

     

     

     

     

    その解決策は言葉の伝え方、

     

    さらに言うと、

     

    売れる商品メッセージを作る

     

    「伝え方の枠組み」を知ることにあります.

     

     

     

     

     

     

     

     

    このメソッドを開発したドナルド・ミラーは

     

    一流のベストセラー作家であり、

     

    ストーリーブランド戦略を広める

     

    ストーリーブランド社のCEOです。

     

     

     

     

     

     

     

    ストーリーブランド・フレームワークを導入する会社は

     

    全米で毎年3000社以上。

     

    米国の名だたる企業が

     

    自社の商品PRやブランディングに取り入れ、

     

    「最強のマーケティングツールだ」と賞賛されています。

     

     

     

     

     

     

    ストーリーブランド・フレームワークは

     

    売れる商品・売れる事業コンセプトを作る

     

    「伝え方の枠組み」です

     

     

     

     

     

     

     

     

    あなたは

     

    何千年も前から効果実証されてきた

     

    7つの要素で構成される、 このフレームワークに従い、

     

    一つ一つの質問に答えていくだけで、

     

    お客さんに感動を与え、

     

    商品やサービスの魅力を最大限に引き出す、

     

    シンプルで力強いメッセージを作ることが

     

    できるようになるでしょう。

     

     

     

     

     

     

     

     

    売っている商品・会社のビジョンには自信がある!

     

    そんな時に、

     

    「ブランド」についてわかりやすく

     

    読むことができます。

     

    私の場合拾い読みでしたが。

     

     

     

     


        ↓

       

     

     

     

      

     

     

     

     

     

     

     

    P.S

     

    ブランディングの実践について

     

    自分のリアルなビジネスの場合ですが

     

     

     

     

     

    新しい分野に取り組むときに

     

    顧客側から見て

     

    いったい何の分野なのか

     

    何が行きつくところなのか

     

     

     

     

     

    自分では分かっているつもりなので

     

    思い込みに気づかずに

     

    あいまいな表現のままに

     

    してしまいます。

     

     

     

     

     

    あと、商品名なども

     

    覚えられにくい名称を

     

    自分では良かれと思ってつけるわけですが

     

     

     

     

     

     

    相手にとっては覚えにくい

     

    長すぎたり、

     

    ゴロが合わなかったりです。

     

     

     

     

     

     

    ブランディングの手前のようなお話に

     

    反省しきりなのですが。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     
      人気ブログランキング

     

     

    にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     


    コメント
    こんばんは。
    ブログランキングから来ました。
    「ダイレクト・ブランディング」
    「ストーリーブランド戦略」
    どちらも、とても興味深い本ですね。
    情報方過多の今の時代、メッセージの複雑さは悪なんですね。
    納得です。
    応援して帰ります。
    おはようございます。
    100ページ以上にわたる本を全部読んでいてはいくら時間があっても足りないので自分にとって必要なところだけを読み進める事は大事だなと思いました。今は何時でも好きな時に情報収集はできても大量の情報が舞い込んだ時、全部拒絶してしまう自分がいますね。自分にとって必要な情報とそうでない情報の見る目を養う事が大事になりますね。
    コメントする








       

    ご連絡メ−ルアドレス

    ビジネスの初歩などご意見交換の親睦目的のアドレスです。  fukucyan@hanjoueigyo.xyz

    おねがいしま〜す

    人気ブログランキング

    Googleadsence

    にほんブログ村

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 売れる営業と売れない営業の違い
      いくっち♪
    • ブログ書いても集客数が増えない人へ
      ミラ
    • あなたが髪を切る本当の理由
      こばみち
    • ジョブス最大の失敗
      松千代
    • 一休み
      yuko
    • 一休み
      たかし
    • 一休み
      松千代
    • ビックリするほどよく売れる広告集
      ゆず丸
    • ビックリするほどよく売れる広告集
      misuzu
    • ビックリするほどよく売れる広告集
      kiyoshi

    profile

    書いた記事数:159 最後に更新した日:2019/05/18

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM