50歳からの時間の使い方

0

    「50歳からの時間の使い方 」

    ビジネスとも大いに関係ありか

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    この本の内容は、

     

     

     

     

    死ぬまで30年

     

    健康寿命まで22年

    あなたは50歳からの人生を

     

    どう生きるか。

     

     

     

     

     

     

    弘兼憲史、70歳になったいま、

     

    20年前を振り返りこれだけは言っておきたい! 
     

     

     

     

     

     

    50歳では、まだ自分に残された時間、

     

    要するに「寿命」を意識したことはない

     

    という人も多いでしょう。
     

     

     

     

     

     

    でも、考えてみれば、

     

    男性だったら

     

    平均寿命の80歳まで生きたとして、あと30年、

     

    健康寿命とされる72歳までだったら、

     

    あと22年くらいだということがわかるはずです。
     

     

     

     

     

     

    50歳から後半人生の生き方を考えようということは、

     

    残された時間を意識しましょうよ、

     

    ということでもあります。
     

     

     

     

     

     

    ただし、

     

    それが「あと22年しかない」と意識するのか、

     

    「さて、22年をどう楽しんでやるか」

     

    と意識するのかでは、

     

    その22年間に与える影響がまったく変わってきます。

     

     

     

     

     

     

    さて、後半人生をどう楽しみながら生きるか。

    65歳からは新たな仕事をしながら、

     

    新しい環境に身を置いて生きていくことになるとして、

     

    50歳で描くビジョンは、

     

    いろいろな流れが考えられるでしょう。

     

     

     

     

     

     

     

    (本文より) 
     

     

    (本書の内容の一部)

     

    ●定年から人生を楽しめる人、楽しめない人の差は?

     

    ●孤独な時間、どうすればいい?

     

    ●体も心も疲れない健康に過ごす習慣とは?

     

    ●お金とはどう付き合えばいい?

     

    ●心の不安やストレスとの上手なつきあいかたとは?

     

    ●妻、子ども、親、家族とのつきあい方とは?

     

    ●いつまで仕事は続けられるの?

     

    ●家族の介護に直面したらどうする?

     

    ●病気や死とどうむきあえばいい?

     

     

     

     


     

     

    【目次】

     

     

    はじめに

     

     

    「コップ半分の水」あなたはどう感じる? 
     

     

     

     

     

    第1章

     

    ここからの時間、どう生きてやるか

     

    「定年前後の時間」どう過ごせばいい

     

    自立した後半人生を送るために必要なこと

     

    人が幸せになるのに必要な条件
     

     

     

     

     

    第2章

     

    50歳からの時間、自分の好きに生きてみる

     

    ストレスを溜めないちょっとしたコツ

     

    心の不安を払拭する方法

     

    「若い人」とはどう接すればよいか

     

    「男と女の時間」こう変わる

     

    家族の介護「絶対やってはいけないこと」
     

     

     

     

     

    第3章

     

    60歳からの時間、新しい人生のスタート

     

    「3人にひとりが高齢者の社会」で生き抜く術

     

    自分がリラックスできる環境の作り方

     

    時間とおカネは「仕分け」して使う

     

    60歳からは「手ぶら」で生きる

     

    嫌われない老人になる条件とは
     

     

     

     

     

     

    第4章

     

    上手に疲れをとる時間の使いかた

     

    体が疲れない毎日の習慣

     

    「いい加減になれる」人がストレスに強い

     

    「群れの効用」をうまく利用する

     

    ネガティブな自分も受け入れる

     

    自律神経を整え、イライラを消す方法
     

     

     

     

     

     

    第5章

     

    存分に人生を楽しむ時間の使いかた

     

    没頭できるものは死ぬまで守れ

     

    複数の自分モードを使い分ける

     

    ゲームと勝負の楽しみ方 

     

    「結婚」という形にとらわれない

     

    ひとつの「道」にこだわらない
     

     

     

     

     

     

    第6章

     

    この先の時間、自分で死にかたを選ぶ

     

    僕が在宅死を選ぶ理由

     

    孤独死は怖くない! 

     

    「高齢者施設の現状」どうなっているのか

     

    リビングウィルのすすめ
     

     

    「尊厳死」と「安楽死」―死ぬ権利とは

     

     

        ↓

     

     

     

      

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     
      人気ブログランキング

     

    にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    こんばんは。
    自分はまだ50になっていない者にとって50になってからの人生をどのように向き合えば良いかわかりそうな本ですね。
    コメントする








       

    ご連絡メ−ルアドレス

    ビジネスの初歩などご意見交換の親睦目的のアドレスです。  fukucyan@hanjoueigyo.xyz

    おねがいしま〜す

    人気ブログランキング

    Googleadsence

    にほんブログ村

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 売れる営業と売れない営業の違い
      松千代
    • 売れる営業と売れない営業の違い
      いくっち♪
    • ブログ書いても集客数が増えない人へ
      ミラ
    • あなたが髪を切る本当の理由
      こばみち
    • ジョブス最大の失敗
      松千代
    • 一休み
      yuko
    • 一休み
      たかし
    • 一休み
      松千代
    • ビックリするほどよく売れる広告集
      ゆず丸
    • ビックリするほどよく売れる広告集
      misuzu

    profile

    書いた記事数:159 最後に更新した日:2019/05/18

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM