セールスの達人の合法トリック

0

     

     



    もしあなたが

     

    セールスをする上で、
     

     

     

     

     

     

    ・自分が話すよりも相手の話を聞く

     

    ・まず世間話をし、売り込みに移るのはそのあと

     

    ・服装に注意を払い明るく感じのいい態度を保つ
     

     

     

     

     

    といった

    「昔ながらのセールス手法」を

     

    意識して使っているのなら

     

     

     

     

     

    この本

     

    「クロージングの心理技術21」は

     

    あなたにとって非常に役立つ一冊に

     

    なるかもしれません。

     

     

     

     

                              

        
     

     

     



     

     

     


    あなたは、

     

    不思議に思ったことはありませんか?
     

     

     

     

     

     

     

    なぜ、明るい笑顔で、

     

    見込み客としっかりと握手をして

     

    信頼関係を築こうとしているのに

     

    逆に警戒されてしまうのか?
     

     

     

     

     

     

     

    なぜ、機転を効かせた雑談力で

     

    顧客のフォローアップを行っているのに、

     

    競合に流れていってしまうのか?
     

     

     

     

     

     

     

    そして…なぜ、

     

    見込み客の関心や状況に

     

    合わせてセールストークをしているのに

     

    「買わなくてもいい」というメッセージに

     

    なってしまうのか?
     

     

     

     

     

     


    実はこのようなセールス手法は

     

    上っ面のテクニックであって

    それを部分的に使って

     

    あなたのセールスを微調整する程度では

     

    結果はいつまでたっても同じなのです。
     

     

     

     

     

     

     


    その一方、

     

    不況であろうと競合が増えようと、

     

    どんな環境でも

     

    驚くような成果を出す人たちがいます。

     

     

     

     

     

     


    実は、そんな高い収益を

     

    上げ続けるトップの人たち、

     

     

     

     

     

     

     

    つまり

     

    「セールスの達人」たちが使っているのは、

     

    ありきたりの手法やテクニックではないのです。
     

     

     

     

     

     


    この本では、

     

    そんな彼らだけしか知らない

     

    どんな時でも高い成果を出し続ける

     

    特別な「トリック」を

     

    余すことなく公開しています。
     

     

     

     

     

     

     

    悪用すれば、人を操作できる危険な内容ですが、

     

    嘘偽りのないセールスや

     

    コミュニケーションで使うのであれば

     

    非常にオススメできる一冊でもあります。
     

     

     

     

     

     


    実際、amazon.comのレビューでも、

     

    4.7という高い評価を得ている

     

    非常に実用的な本です。
     

     

     

     

     


    セールスの成約率をすぐに上げたい人は

     

    是非、一度この本をチェックしてみてください。

     

     

     


                                

         

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


     

     
      人気ブログランキング

     

    にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     


    どっち?繁盛するセール↓

    0




      次の2つのセールの案内。

       

      どっちのほうが売れると思いますか?

       

       

       

       

       

      特別割引きセール

       

      一部書籍が50%割引で手に入ります。

       

       

       


      在庫一掃訳ありセール

       

      発注数を間違えて、

       

      倉庫が在庫でいっぱいです…

       

      在庫を一斉処分するため、

       

      50%割引で販売します。





      当然ですが、

       

      2番の「訳ありセール」の方ですよね?
       

       

       

       

       

       

      では、なぜ2番の方が

       

      ”売れそう”と思ったんでしょうか?

      それを説明出来ますか?













      2番の方が売れる理由。

       

      それは、”セールを行う理由”があるからです。
       

       

       

       

       

      「ビックリするほどよく売れる 

       

      超ぶっとび広告集」

       

      ================
      (P118)

       

       

       

       

      リーズンホワイコピー※を実行すると

       

      セールスの信頼度がグンと高まり

       

      レスポンスが向上するはずだ。
       

       

       

       

       

       

      ※リーズンホワイコピーとは

       

      理由を説明するコピーのこと
      ================


       

       

       

       

       

      確かに、普通に「セール!」というよりも

       

      割引に対して何か理由がある方が、

       

      信頼できる気がしますよね?
       

       

       

       

       


      実際に社会心理学者が行った

       

      ある実験結果でも、

       

      理由を伝えて何か要求すると

       

      その要求が通りやすいという

       

      研究データがあります。

       

       

       

       

       

      同じ割引でも、

       

      セール理由を説明するか、

       

      しないかだけで売上が変わる。。。

       

       

       

       

       


      だったら、

       

      やらない選択はないですよね?

       

       

       

       


      では、他にどんなセール理由が

       

      考えられるでしょうか?
       

       

       

       

       


      例えば、、、

      「エアコン故障セール」

       

       


      店舗のエアコンが壊れて

       

      冷房が効きません。

       

       


      この蒸し暑い中店舗に来店して

       

      購入してくれた人には

       

      特別に20%割引します。

      といったものだったり。

       

       

       

       

       

       


      「うっかりセール」

      担当者がコンピューターの

       

      入力設定を間違って

       

      うっかり送料を無料に

       

      してしまいました。

      特別にこの期間は、

       

      送料無料のままいきます。

      といったものだったり。

       

       

       

       

       

       


      「記念日セール」

      先日、

       

      我が社の社長第1子が誕生しました。

       

      第一子誕生を記念して、

       

      期間限定で特別割引します。

      といったものだったり。

       

       

       

       

       

       


      いろいろと、楽しみながら

       

      面白いセールを

       

      作ることができますね。
       

         


               

        

       

       

       

       

       

       

       

       

       


       

       
        人気ブログランキング

       

       

      にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
      にほんブログ村

       

       

       

       

       

       


      PDCAとOODA??

      0

         

         

         

         

        PDCA

         

        ずいぶん聞きなれた言葉であり

         

        あなたにとって、

         

        いまさら?かもしれませんが

         

         

         

         

         

        kindle 図解 鬼速PDCA

         

         

         

         

         

        ではOODAは?

         

        OODA?なに・・・それ

         

         

         

         

         

        こちらのサイトを見つけました。

         

        参考になりそうです。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        で、Amazonにこんな書籍がありましたので。

         

         

         

          ↓↓↓

         

         

         

         

           

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         
          人気ブログランキング

         

        にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
        にほんブログ村

         

         

         

         

         

         

         


        『シャッターストック』

        0

           

           

           

           

          アイコンや画像をお探しの時に

           

          ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

           

          『シャッターストック』

           

          ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

           

          世界中から寄せられた4,000万点以上の

           

          写真、イラスト、動画を提供するサイトです!
           

           

           

           

           

           

          毎日追加される高解像度画像から

           

          インスピレーションを。

           

           

           

           

           

           


          クリエイティブな素材が揃っています。

           

           

           

           

           

           

           

           

          ニューヨークに本社を置く

           

          「Shutterstock」(シャッターストック)は、

           

          デジタル画像や映像素材ライセンスの提供を行い、

           

          その利用者は世界150カ国100万人におよぶ

           

          「ストックフォト業界の革命児」として

           

          急成長を遂げてきたサービスです。

           

           

           

           

           

           

          誰もが知る名画【The Godzilla(ゴジラ)】を始め、

           

          多くのハリウット映画や プロモーションビデオ、

           

          TVドラマ、ポスターに利用される

           

          「Shutterstock」の高品質画像、

           

           

           

           

           

           

          その理由は、

           

          「使いやすさ」「クオリティ」「ボリューム」の3つ!

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           
            人気ブログランキング

           

          にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
          にほんブログ村

           

           

           

           

           

           


          最短10分で定期販売専用ページを開設!

          0

             

             

             

             

            最短10分で定期販売専用ページを開設!

             

             

             

             

             

             

            ■自由な販売サイクル設定で

             

            手軽に始めやすい  「カラーミーリピート」は、

             

            初期費用が無料。

             

             

             

             

             

             

             

            また、月額利用料も9,800円(税抜)という

             

            低価格に設定することで継続性が増します。

             

             

             

             

             

            それに、

             

            商品ごとに販売サイクルを自由に設定

             

            (月・隔月・週・隔週・曜日・45日間隔)できるため、

             

             

             

             

             

            商品の生産サイクルや、

             

            商品の一般的な消耗頻度などに合わせて

             

            定期販売が行うことができます。

             

             

             

             

             

             

            最短10分!

             

            申し込んだその日から

             

            簡単操作で定期販売をスタート。

             

             

             

             

             

             

            「カラーミーリピート」は、

             

            「商品登録」「ページ作成」「販売開始」の

             

            3ステップ・最短10分で、

             

            定期販売専用ページを開設することができます。

             

             

             

             

             

             

            ページの作成も、

             

            管理画面から既定のフォームに画像をアップロードしたり、

             

            商品の紹介テキストを入力したりするだけの

             

            直感的な操作で完了できるので、

             

            作業負担は、ほぼかかりません。

             

               

             

             

             

             

            また、一般的に

             

            通常ネットショップでは

             

            お客様への支払い方法に

             

            クレジットカード決済を導入する場合、

             

             

             

            決済会社との個別契約が必要となり、

             

            実際に決済が利用可能となるまでに

             

            数営業日以上かかりますが、

             

             

             

             

             

             

            「カラーミーリピート」は、

             

            サービス申し込み日から

             

            クレジットカード決済を利用できるため、

             

            スピーディーに定期販売を開始することが出来ます。

             

             

             

             

             

            ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

             

             

             

             

             

            ※ネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」や

             

            テレビCMでも話題の「minne(ミンネ)」や

             

            「ロリポップ」などでおなじみ

             

            さまざまなWebサービスを展開する

             

            【GMOペパボ株式会社】の 定期販売サービスですが、

             

             

             

             

             

             

             

            実際のところ、

             

            たとえば着目されやすい商品と

             

            じっくり取り組んで行きたい商品の

             

            複数組み合わせた販売サイト開設など

             

             

             

             

             

            結構、魅力を感じますね

             

            詳細はこちらからご確認を

             

             

             

               ↓↓↓

             

             

             

            カード決済(Mastercard・VISA)をすぐに使える「カラーミーリピート」

             

             

             

             

             

             

             

             

            再度、以下は概要の整理です。

             

             

             

             

             

            ●1.最短10分!申し込んだその日から、

             

               簡単操作で定期販売をスタート
             

             



            ●2.初期費用無料!低コストで開始も運用も可能です!


               月額利用料も9,800円(税抜)という

             

               負担の少ない低価格に設定することで、

             

               ビジネスの継続を支援◎

             

             



            ●3.決済フォーム付きランディングページを無限作成でき、


               商品の説明から決済画面まで、1ページで完結。
             

             



            ●4.決済導入費は無料!


               決済導入費や事務手数料などは一切無し。


               決済手数料の3.4%+30円/1件のみが

             

               決済費用となります。


              「CPO」を限りなく抑え、

             

              「LTV」を向上させる仕組みが!

             

             



            ●5.カラーミーリピートでは「後払い決済」「銀行振込」

             

               に加えて


               JCB、VISA、MasterCardをはじめとする

             

               主要カードブランドすべてを決済方法として提供。


               そのため、決済面での購入機会の損失を防ぎます◎


               購入者様のニーズに合わせた販売が可能です!

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             
              人気ブログランキング

             

            にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
            にほんブログ村

             

             

             

             

             

             


            ダイレクトブランディング なにそれ?

            0

               

               

               

               

              ブランディング

               

               

               

               

               

               

               

              新商品に取り組むときに!

               

              新事業に取り組むときに!

               

              知っておきたい

               

              ブランディングについて

               

               

               

               

               

               

               

               

              =1つ目のご紹介本=

               

               

               

              ダイレクトマ−ケティングの過程とともに

               

              ブランディングを構築し、強化することについて

               

              まとめられた書籍。

               

               

               

               

               

               

              100万人の起業家に影響を与える

               

              世界最高の「億万長者メーカー」

               

              ダン・S・ケネディが、

               

               

               

               

               

               

              セールスしながらできる

               

              ブランド戦略を徹底解説!

               

               

               

                 ↓

               

               

               

               

                 

               

               

               

               

               

               

               

               

              =2つ目のご紹介本=

               

               

               

              ストーリーブランド・フレームワーク

               

               

               

               

              米国で毎年3000社を超える企業が導入

               

              情報過多社会の中でも

               

              「売れる商品メッセージ」が作れる

               

              ストーリーブランド・フレームワーク

               

               

               

               

               

              とは?

               

               

               

               

               

              “混乱させたら負けだ。”

               

              一方で、情報を分かりやすく整理すると、

               

              消費者は関心を持ってくれる。

               

               

               

               

               

               

               

              ” 「メッセージが複雑すぎる」”

               

              これは多くの経営者や

               

              マーケティング担当者が犯す最大の過ちです。

               

               

               

               

               

               

               

              多くの人は商品の魅力を知りすぎているがゆえに、

               

              商品のことをあれもこれも伝えようとします。

               

               

               

               

               

               

              ですが情報過多の今の時代

               

              「メッセージの複雑さ」は悪。

               

               

               

               

               

               

              というのも、

               

              人は本能的に大量の情報が押し寄せると、

               

              それらの情報を拒絶するからです。

               

               

               

               

               

               

              実際、

               

              消費者が関心を持たない情報を

               

              発信し続けたために、

               

              廃業に追い込まれる企業も少なくありません。

               

               

               

               

               

               

              では、

               

              どうすれば、消費者が耳を傾け、

               

              反応してくれるようになるのでしょうか?

               

               

               

               

               

               

              どうすれば

               

              あなたの商品・サービスのメッセージは

               

              死ぬことなく、消費者まで届くのでしょうか?

               

               

               

               

               

               

              その解決策は言葉の伝え方、

               

              さらに言うと、

               

              売れる商品メッセージを作る

               

              「伝え方の枠組み」を知ることにあります.

               

               

               

               

               

               

              このメソッドを開発したドナルド・ミラーは

               

              一流のベストセラー作家であり、

               

              ストーリーブランド戦略を広める

               

              ストーリーブランド社のCEOです。

               

               

               

               

               

               

              ストーリーブランド・フレームワークを導入する会社は

               

              全米で毎年3000社以上。

               

              米国の名だたる企業が

               

              自社の商品PRやブランディングに取り入れ、

               

              「最強のマーケティングツールだ」と賞賛されています。

               

               

               

               

               

               

              ストーリーブランド・フレームワークは

               

              売れる商品・売れる事業コンセプトを作る

               

              「伝え方の枠組み」です

               

               

               

               

               

               

              あなたは

               

              何千年も前から効果実証されてきた

               

              7つの要素で構成される、 このフレームワークに従い、

               

              一つ一つの質問に答えていくだけで、

               

              お客さんに感動を与え、

               

              商品やサービスの魅力を最大限に引き出す、

               

              シンプルで力強いメッセージを作ることが

               

              できるようになるでしょう。

               

               

               

               

               

               

              売っている商品・会社のビジョンには自信があるのに、

               

              なぜか売上が上がらない...

               

              悩むことはありません。

               

               

                 

               

               

               

                

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               
                人気ブログランキング

               

               

              にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
              にほんブログ村

               

               

               

               

               

               


              セ−ルスレタ−の成功技術

              0

                 

                 

                 

                市場を知り、お客を知る

                 

                 

                 

                 

                 

                書くために必要なリサーチについてなども

                 

                この本の中に書かれています。

                 

                 

                 

                 

                 

                リサーチはセールスライティングだけでなく、

                 

                新規の事業を立ち上げるときや、

                 

                マーケティングの企画、

                 

                ビジネスモデルや戦略を練るときにも、 

                 

                最も価値あるスキルです。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                いくら最新の戦術やテクニックを学んでも、

                 

                現状や市場の「把握」が間違っていたら、

                 

                それはまるで、海のない国に

                 

                最先端の戦艦で攻め込むようなもの。

                 

                全く無意味になってしまいます...

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                とは言え、

                 

                リサ−チってどうやってやるのだろう。

                 

                と、素朴にそう思いませんか?

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                91ページにある

                 

                「手紙を書き始める前に知っておくべきこと」

                 

                チェックリストは使えます。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                ライティングをしていて

                 

                最も時間の無駄になるのは、

                 

                書き始めてしばらくして、

                 

                「あれ?」と違和感を覚えてしまうこと。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                それはリサーチ不足による

                 

                「企画」の甘さが原因です。

                 

                 

                 

                 

                 

                リサ−チ不足。

                 

                 

                 

                 

                 

                商品の「メインの訴求」を間違えたり、

                 

                「オファー」が強くなかったり、

                 

                「商品を作った理由」が

                 

                単なる売り手の金儲けだったり、 などなど・・・。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                本書を開き、

                 

                「自分が市場の3つの段階のどこにいるのかを知る」や、

                 

                「手紙を受け取る相手について学ぶ10の方法」など、

                 

                独自のリサーチ手法を知って

                 

                あなたの成功率を格段にアップさせてください。

                 

                 

                 

                  ↓↓↓

                 

                 

                 

                   

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 
                  人気ブログランキング

                 

                にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
                にほんブログ村

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                「社長のための時間の使い方」

                0

                   

                   

                   


                  年収700万円の
                   

                  とある社長の物語です。
                   

                  (仮に佐藤さんとします)
                   

                   

                   

                   



                  佐藤さんは、
                   

                  休みもなく
                   

                  仕事に追われていました。
                   

                   


                  「俺が休んだら
                   

                   会社が潰れる」

                  「誰も俺の代わりを

                   

                   できるやつがいない」 

                   

                   

                   

                   


                  そして、最近は

                   

                  時間に余裕がなく
                   

                  体が付いてきて
                   

                  くれなくなりました。




                  ・・


                  ・・・


                  ・・・・
                   


                  ところで、あなたも
                   

                  佐藤さんと同じような
                   

                  経験はありませんか?

                   

                   

                   


                  働いても働いても
                   

                  時間が足りない、、、
                   

                   

                   



                  1日24時間じゃ
                   

                  足りない、、、
                   

                   

                   



                  もしあなたの
                   

                  仕事の一部を
                   

                  人に任せられたら、、、

                   

                  社員に任せられたら、

                   

                   

                   


                  かなり精神的にも

                   

                  体力的にも

                   

                  楽になると

                   

                  思いませんか?

                   

                   

                   

                   


                  そして、浮いた時間を使って、
                   

                  もっと価値の高い仕事が
                   

                  できるようになるの
                   

                  ではないでしょうか?

                   

                   


                  ただ、、、

                   

                   


                  「人に仕事を任せる」のは
                   

                  難しそうですよね。。。

                   

                   

                   

                   


                  でも、この7つのステップを
                   

                  使えば簡単です。
                   

                   

                   


                  ==============


                  仕事を任せられる


                  ようになる


                  7つのステップ 
                   

                   


                  1. 何をするべきか定める
                   

                   


                  2. 任せる相手が、
                   

                      何をしなければならないか
                   

                      理解していることを確認する。
                   

                   


                  3. あなたが指示する通りに
                   

                      しなければならない
                   

                      理由を説明する
                   

                   


                  4. あなたが超細かい管理を
                   

                      しなくても住むような
                   

                      やり方を教える
                   

                   


                  5. 任せた相手がやり方を
                   

                      理解していることを確かめる
                   

                   


                  6. 完了までの、
                   

                      または進捗レポートの
                   

                      期限を設定する
                   

                   


                  7. 日にちや時間、
                   

                      方法について
                   

                      必ず合意する
                   

                   


                  ==============
                   

                   

                   

                   

                   


                  まずは、あなたが
                   

                  任せられる仕事はどれか?

                   

                   

                   


                  紙とペンを用意して
                   

                  箇条書きで
                   

                  書き出してみてください。
                   

                   

                   



                  では、今日も良い一日を
                   

                  お過ごしください。

                   

                   

                   


                  P.S.
                   

                  今日紹介したのは
                   

                  社長のための
                   

                  時間の使い方の一部です。
                   

                   

                   

                   



                  他にも、すぐに使えて効果のある
                   

                  時間管理のテクニックが
                   

                  こちらのページで
                   

                  紹介されています。


                   

                   

                   

                  以下をクリックして、
                   

                  ぜひご覧ください。

                   


                        ↓↓

                   


                  貧乏社長、金持ち社長の決定的な違い 

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   
                    人気ブログランキング

                   

                   

                  にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
                  にほんブログ村

                   

                   

                   

                   

                   

                   



                   


                  20人に1人が死ぬ手術

                  0

                     

                     

                     

                     

                    本題は

                     

                    「自社商品やサービスの長所を説明するときの数字は、

                     

                    絶対数のほうが 効果大だ。」です。 

                    実数には無意識に人の脳を働かせるパワーがあり、 

                     

                    パーセンテージ表記には人に考えさせないパワーがある。 

                     

                     

                      ・

                     

                      ・

                     

                      ・

                     

                      ・

                     

                      ・

                     

                     

                    =========================

                     

                     

                    さて、

                     

                    あなたは脳腫瘍で手術しなければなりません。 

                    手術をしないと余命は1年と告げられました。 


                     

                     

                     

                     

                     

                    ここで2つの病院があります。 

                     

                     

                     

                     

                     

                    A病院の先生 

                     

                    「死亡する可能性もありますが、生存率95%の手術です。」 

                     

                     

                     

                    B病院の先生 

                     

                    「受けた患者の20人に1人が死亡する手術です。」 

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    あなたはどちらの手術を受けますか? 

                    ・ 
                    ・ 
                    ・ 

                     

                    勘の鋭い人ならもうお気づきだとは思いますが、 

                     

                    この2つは数学的には全く同じ確率です。 
                     

                     

                     

                     



                    しかし、これを見たほとんどの人が 

                     

                    B病院の方をより危険だと感じています。 
                     

                     

                     

                     

                     



                    これは「フレーミング効果」を応用したものです。 

                     

                     

                     


                     

                     

                     




                    こんな実験があります。 


                    「脳科学マーケティング100の心理技術」 

                     

                    P.237より抜粋。 

                     

                     

                     


                    ----------------------------------------------------------------


                    ツヴァイクは、情報の提示のされ方によって 

                     

                    解釈のされ方が異なること ── 

                     

                     

                     

                     

                     

                    すなわち「フレーミング効果」について、 

                     

                    時間をかけて説明している。 

                     

                     

                     

                     

                     

                    それ に関する驚きの例の1つが、 

                     

                    数字をパーセンテージで示す場合と 

                     

                    絶対数で示す場合の違いだ。 
                     

                     

                     

                     

                     



                    ツヴァイクによれば、 
                     

                     

                     

                    「10%」と「10人中1人」といった 

                     

                    微妙な表記の違いでも、 

                     

                    読む人は異なる反応を示すそうだ。 
                     

                     

                     

                     

                     



                    そして例としてこのような実験を挙げている。 

                     

                     

                     

                     

                     


                    それは精神科医に、

                     

                    このような患者を退院させるかと 

                     

                    尋ねる実験で、 
                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    「6カ月以内に暴力行為を起こす確率が20%の患者」に対し て、 

                     

                    退院させると答えた精神科医は79%だったが、 

                     

                     

                     

                     

                     



                    「100件中20件の割合で

                     

                    6 カ月以内に暴力行為を起こすような患者」 

                     

                    という表現にすると、 

                     

                    退院させると答えたのは59%になったという。 
                     

                     

                     

                     

                     



                    また別の実験では、 
                     

                     

                     

                     



                    「罹患した人1万人中1286人が死亡する」ガンのほうが 

                     

                    「死亡率12.86%」のガンよりも 

                     

                    危険性を32%高く感じる 

                     

                    という結果が出 ている。 
                     

                     

                     

                     

                     



                    この違いは、人数で示したほうが 

                     

                    人としての現実味を感じさせることからくる。 
                     

                     

                     

                     

                     



                    「2%の確率で不運に見舞われる」と聞くと、

                     

                    低く感じられるが、 

                     

                     

                     

                     



                    「100人中2人が被害に遭う」と聞くと、 

                     

                    脳は実在する2人の人がケガをすることを想像してしまうのだ。 
                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    自社商品やサービスの長所を説明するときの数字は、

                     

                    絶対数のほうが 効果大だ。 


                     



                    実数には無意識に人の脳を働かせるパワーがあり、 

                     

                    パーセンテージ表記には人に考えさせないパワーがある。 
                     

                     

                     

                     



                    要するに、 
                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    ポジティブなこと:実数をつかう 

                     

                    ネガティブなこと:パーセンテージをつかう 

                    というルールである。 


                    ----------------------------------------------------------------
                     

                     

                     

                     

                     


                    あなたのお店の数字や、

                     

                    ホームページや広告の数字にも 

                     

                    今すぐこの法則を試して見てください。 

                     

                     

                     

                     

                     



                    他の99個のアイデアはこちら 

                     

                     

                        

                     

                     


                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     
                      人気ブログランキング

                     

                     

                    にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
                    にほんブログ村

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    社長の生産力を上げる

                    0

                       

                       

                       

                       

                      著者のサム・カーペンターは、

                       

                      27年にわたり、

                       

                      週に80時間から100時間働いて

                       

                      社員35人の小さな電話応対サービス会社の

                       

                      経営していました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      本書では、

                       

                      長年破たん寸前だった会社を、

                       

                      どん底からよみがえらせた秘密を

                       

                      公開しています。

                       

                       

                       

                       

                       

                      それにより、

                       

                      著者の労働時間は慢性的に週80時間、

                       

                      多い時で週100時間を超えていましたが、

                       

                      週にわずか2時間程度にまで大幅に減少し、

                       

                      会社の収益は20倍以上に増加したのです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      セントラテル社を経営する

                       

                      サム・カーペンター氏は、

                       

                      今でこそ週に2時間程度の労働時間ですが、

                       

                      創業してから15年間は

                       

                      週に80時間から100時間働いていました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      次々に発生するクレームなど

                       

                      問題の火消しに追われ、

                       

                      借金を抱え、健康を害し、

                       

                      人間関係も悪化するという有り様。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      仕事の中身はというと、

                       

                      雑務に追われているという状況が15年続き・・・

                       

                      経営に行き詰まり、

                       

                      ある時は死に方まで考えるに至ります。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      しかし、まさに死に方を考えていたその時、

                       

                       

                      彼は閃きました。

                       

                      全体最適化ではなく…

                       

                       

                      そこで彼は閃きました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      会社に発生する複雑な問題を紐解いてみれば、

                       

                      各々がパーツとしてつながり合っている。

                       

                       

                       

                       

                       

                      すなわち、パーツごとの問題を

                       

                      「発生しないように」する、

                       

                      つまり「ひとつずつ部分最適化」をすれば

                       

                      いいのではないか?と考えました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      そして・・・

                       

                      有機的な人の業務を機械的に仕組み化すること

                       

                      「どんな時でも誰もが同じ手順を踏むことで」

                       

                      同じ対応ができる仕組みを作ればいい、

                       

                      ということに気がつきました。

                       

                       

                       

                       

                      • どうすれば誰もが均一化したクレーム対応ができるのか?

                       

                      • どうすれば誰もが平均的な営業成績を残せるのか?

                       

                      • どうすれば社員が急にやめても誰もが代わりを務められるのか?

                       

                       

                       

                       

                      つまりこれは、

                       

                      あなたがトラブル処理という

                       

                      「火消し」に負われていた業務や時間を

                       

                      なくすということ。

                       

                       

                       

                       

                       

                      すなわち、

                       

                      あなたはマーケティングや経営という

                       

                      社長本来の仕事に専念し、

                       

                      他の業務は社員に任せられるような仕組みを作る、

                       

                      ということでもあります。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      起死回生の仕事術の秘密。それは、

                       

                       

                       

                      • プラス思考で働くことではありません。

                       

                      • 社員の属人性に仕事を任せることでもありません。

                       

                      • もちろん、優秀な人材の採用を待つことでもありません。

                       

                       

                       

                       

                      起死回生の仕事術の秘密。

                       

                      それは会社を質の高い「マシン」にする、

                       

                      ということ。

                       

                       

                       

                       

                       

                      すなわち、

                       

                      有機的で計算できない人の業務を

                       

                      「機械的なサブシステムの集合体」と捉え、

                       

                       

                       

                       

                      一つ一つのサブシステムを

                       

                      「修理」していくことでシステム全体の問題が解決する、

                       

                      と考えるシステム改善法にありました。

                       

                       

                       

                       

                       

                      会社をマシン化する作業とはいったい?

                       

                       

                       

                       

                      そしてサム・カーペンター氏が会社を

                       

                      「マシン」にするために行ったこと。

                       

                       

                       

                       

                       

                      それは、業務の標準化、

                       

                      すなわち、マニュアル化です。

                       

                       

                       

                       

                       

                      あなたもこれを試すと、

                       

                      導入して半年の間に、

                       

                      労働時間が減っていくことを体感するでしょう

                       

                      (事実、サム・カーペンター氏は

                       

                      15年続いた週80時間から100時間労働を

                       

                      半年で60時間労働まで減らし、

                       

                      次の半年で40時間以下にまで減らしました)

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      今まで「時間管理術」のセミナーに出ても

                       

                      減らなかった労働時間が、目に見えて減っていきます。

                       

                       

                       

                       

                       

                      これはつまり、

                       

                      あなたの時間を

                       

                      マーケティングに使えるようになるということです。

                       

                       

                       

                       

                       

                      社員は労働時間の減少でプライベートが充実し、

                       

                      あなたは人件費を抑えられ、

                       

                      相乗効果で会社の生産性が上がります。

                       

                       

                       

                       

                       

                      利益が生まれ、

                       

                      社員の給料を気前良く払えるという好循環を生み出します。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      マニュアルこそ仕組み化を実現する!

                       

                      多くの社長が躊躇するマニュアル化ですが、

                       

                      サム・カーペンター氏によると、

                       

                      この作業を行わずして

                       

                      労働時間を短くすることはもちろん、

                       

                      良質なサービスの均一化は実現できないそうです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      彼がセントラテル社で実践したマニュアル化の手順。

                       

                      ソレを少し紹介すると・・・

                       

                       

                       

                      • 注意!マニュアル作成前に書くべき2つの文書があります!

                       

                          (これさえやればマニュアル作りに迷うことはなくなります。

                       

                           意思決定の方向性を全社で共有するためのシンプルな方法。

                       

                        第10章を参照。)

                       

                       

                       

                      • マニュアル作りの4つの鍵

                         

                          (一言で言うと現場を巻き込むこと。

                       

                           コレがマニュアルを良質なものにする秘訣です。

                       

                           しかも、

                       

                        コレにはあなたの労働時間を減らす効果もあります・・・)

                       

                       

                       

                      • マニュアルが良いかどうかを見極めるカンタンな方法

                       

                          (社外の人でもできるか?と問いかけてみてください。

                       

                           マニュアル作りの4つの鍵にも含まれる方法がコレです。)

                       

                       

                       

                      • マニュアル作成を最優先すべき?

                       

                        仕事の優先順位を決める方法

                       

                          (ヒントは『7つの習慣』に登場する

                       

                        時間管理のマトリクス。

                       

                           この領域にマニュアルが入るなら、

                       

                           最優先すべきですから、

                       

                           1日1時間でも必ず進めてください。)

                       

                       

                       

                      • 部分最適化の極意!マニュアル作りのためのマニュアル!

                       

                          (付録Eで詳細が登場。

                       

                        詳しくはこの後目次前の段落に注目!)

                       

                       

                       

                      • スタッフにマニュアルを活用させるカンタンで意外な方法

                       

                          (使われないと意味が無いですよね?

                       

                           しかしこの方法なら、

                       

                           スタッフは進んでマニュアルを活用するばかりか、

                       

                           改善もするようになります。)

                       

                       

                       

                      • マニュアル作成のメリットはサービスの平準化だけじゃない!

                       

                          (問題の根源を把握しやすくなります。

                       

                           なぜなら、マニュアル通りに行動していれば

                       

                           問題が発生する原因はすべてマニュアルにあるので!

                       

                           205ページを参照。)

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      まだまだあります。

                       

                      マルチタスクをやめるべき理由

                       

                      (それは機械の専売特許です。

                       

                      目の前の仕事に集中させたほうがいい理由。

                       

                      242ページで紹介。)、

                       

                       

                       

                       

                       

                      労働時間を削減する「即時即行」の原則

                       

                      (週50時間から60時間労働を40時間きっかりにします。

                       

                      「即時即行」という魔法。これも242ページで紹介。)、

                       

                       

                       

                       

                       

                      システム思考にフィットする人材評価の12の基準

                       

                      (コレは必見!時間に遅れたら論外など

                       

                      今日から使える採用面接の極意。253ページで紹介。)などなど。

                       

                       

                       

                       

                       

                      この本を試すことであなたは・・・

                       

                      ライバルよりも売上も粗利もUP。

                       

                      しかも、労働時間を減らしながら。

                       

                       

                       

                       

                       

                      ライバルよりも業績がよくなる理由。

                       

                      それは、

                       

                      ライバルがマニュアルを作っていない、

                       

                      活用していないことにあります

                       

                      (マニュアルを社員が毎日活用する秘訣は204ページで紹介!)。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      一方、たとえばユニクロやマクドナルド、トヨタ自動車

                       

                      (ものづくり現場の「標準三票」が有名ですね)など、

                       

                      業績を伸ばす会社(一時の低迷はあれど)の中に、

                       

                      マニュアルを活用しない会社はないといえるほどです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      社員やスタッフ、誰に任せても

                       

                      平均点以上のサービスをお客さんに提供できます。

                       

                      ホームランを打つスーパースター社員はいなくとも、

                       

                      皆がヒットを打つことで

                       

                      ビジネスというゲームに勝つことができます。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      そしてさらに・・・

                       

                      週2時間労働を実現させる秘訣。

                       

                      それは
                       

                      社員にマニュアルを作らせる・・・すなわち、

                       

                       

                       

                       

                       

                      これこそ、

                       

                      この本であなたが得られる最も大きな秘訣です。

                       

                      多くの会社でマニュアルが活用されていない理由。

                       

                      それは、

                       

                      社員によるマニュアルの作成手順を明確にしていないからです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      もちろん、

                       

                      社長であるあなたがすべてのマニュアルを

                       

                      作ることができればいいかもしれません。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      しかし、

                       

                      社員自身が試行錯誤して作成するマニュアルのメリットは、

                       

                      社員自身が日々改善し、そして使う点にあります。

                       

                      あなたの時間は浮き、社員の生産性は上がる。

                       

                       

                       

                       

                      まさに、一石二鳥です。

                       

                      ですからこの本では、

                       

                      社員がマニュアルを作成するためのマニュアルまで用意し、

                       

                      付録Eで紹介しています。

                       

                       

                          ↓

                       

                       

                         

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       
                        人気ブログランキング

                       

                      にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
                      にほんブログ村

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       



                      ご連絡メ−ルアドレス

                      ビジネスの初歩などご意見交換の親睦目的のアドレスです。  fukucyan@hanjoueigyo.xyz

                      おねがいしま〜す

                      人気ブログランキング

                      Googleadsence

                      にほんブログ村

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      profile

                      書いた記事数:151 最後に更新した日:2019/02/17

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM