ランチェスタ−戦略「弱者逆転」の法則

0

     

     

    勝ち残りたい"中小企業経営者

     

    ・ビジネスリーダー必携

     

     

     

     

     

     

        

     

     

     

     amazonの内容紹介

     

    ◎小さくても、弱くても、勝てます! 

     

    弱者が強者に勝つための戦略理論体系、

     

    「ランチェスター戦略」の真髄と、

     

    しっかり儲けて勝ち残るための、

     

    具体的な実戦法(著者は実践と言わず、

     

    あえて“実戦"と言っています)を、

     

    ランチェスター戦略コンサルティングの

     

    第一人者である著者が伝授します。
     

     

     

     

     

     

    ◎自ら戦場(局所)を定め、集中し、

     

    敵に優る力を投入して勝つ──。

     

     

     

     

     

    この、ランチェスター戦略の真髄を、

     

    50を超える豊富な事例で示しながら、

     

    個別の戦略・戦術を策定し

     

    実行するうえでのポイントはもちろん、

     

    導入の際に生じる課題の解決法まで

     

    随所で解説しています。

     

     

     

     

     

    ◎2005年発行のロングセラー

     

    『ランチェスター戦略「弱者逆転」の法則』を、

     

    時代の変化に合わせて全面的に改訂した、

     

    “勝ち残りたい"中小企業経営者・ビジネスリーダー必携の書です。
     

     

     

     

     

     

    (本書の構成)

     

     

    序章 ランチェスター戦略の実戦者たち

     

    第1章 弱者逆転の原理原則

     

    第2章 よみがえる常勝の原理「ランチェスター法則」

     

    第3章 弱者逆転の極意「弱者の戦略vs 強者の戦略」

     

    第4章 ビジネス戦国時代の勢力図「市場占有率」

     

    第5章 戦略の奥義 ランチェスター戦略の三つの結論

     

    第6章 ランチェスター戦略はこう立案し、実戦する

     

    エピローグ “本物"の勝利を得るために

     

     

     

    内容(「BOOK」データベースより)

     

    戦略のバイブルと53の事例が教える。

     

    差別化×集中化×接近戦であなたの会社が強くなる。

     

    本書でマスターできる弱者が強者に勝つ5大戦法。

     

     

    =======================

     

     

     

     

    ここで質問です!

     

     

    「弱者」とは具体的には誰と誰でしょうか?

     

    「差別化」とは具体的には何と何を言うのでしょうか?

     

    「集中化」とは

     

    「接近戦」とは何でしょうか?

     

     

     

    あなたも、ほぼ不正解になる可能性の高い質問です。

     

    大事なところですね。

     

    この本ではそこがわかります。

     

     

     

          

        

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     
      人気ブログランキング

     

     

    にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
    にほんブログ村

     

     

     

     

     


    ジョブス最大の失敗

    0

       

       

       

      商品の良さを分かって欲しい
       

       

       

       

      これは、社長に限らず、

       

      誰もが思うことですよね。

       

       

       

       

      商品サービスの改良を重ね、
       

      人々が求めているものを作り上げ、

       

       

      魅力を伝えるために
       

      商品情報をHPに載せ、
       

      パンフレットなど販促資料を用意し
       

      お客さんに熱を込めて話す、、、

       

       

       

      でも、

       

       

       

      すぐには良さを分かってもらえなかったり、
       

      結局「値段」で判断されたりする…。

       

       

       

      なぜこんなことになるのでしょうか?
       

       

       

       

       


      米国Amazonで529件のレビューで
       

      星4.8の超高評価を獲得した
       

      「ストーリーブランド戦略」の著者
       

      ドナルド・ミラーは、

       

       

       

       

      スティーブ・ジョブズの失敗と成功に
       

      その答えを見いだすことができると言います。

       

       

       

       

      その内容を紹介すると、、、
       

       


      ===============

      1983年にアップルが発売した

       

      コンピュータLisa(リサ)は、
       

      ジョブズが同社から追い出される前に
       

      手がけたプロジェクトだった。
       

       

       


      Lisaの発売当時、ジョブズは
       

      『ニューヨーク・タイムズ』紙に
       

      9ページの広告を掲載した。
       

       

       


      NASAの他には
       

      誰も興味を持たないような
       

      マニアックな説明が続く9ページだった。
       

       

       


      このコンピュータはあまり売れなかった。
       

       

       


      しかし、ピクサーの経営に携わった
       

      ジョブズがアップルに戻ると、
       

      アップルは顧客中心主義になり、
       

      そのメッセージは説得力のある簡潔なものになった。
       

       

       


      かつて
       

      9ページの広告を発表したジョブズは
       

      新しい広告キャンペーンのスローガンを
       

       

       


      「Think Different」
       

      (ものの見方を変えよう)
       

       


      の2語で済ませた。

       

       

       

      情報を選別し、簡潔で
       

      消費者の関心を引くメッセージを
       

      発信するようになったアップルは、
       

       

       


      ほとんどの広告で
       

      商品そのもの(コンピュータ)を
       

      取り上げるのをやめた。
       

       

       


      消費者は皆、現実世界の主人公であり、
       

      自分自身の物語から力を得ていると
       

      理解していたためだ。
       

       

       


      アップルが打ち出したのは、
       

      次の3つの柱だった。
       

       


      1. 消費者がどのようなイメージで

        見られたいのかを知り、
       


      2. 自分では気づいていなかった

        隠れた素質を引き出す目標を定義し、

       

      3. 自らを表現するために使える道具

        (コンピュータやスマートフォン)を提供した。

       

       

       

      そのどれもが
       

      昔から変わらない物語作りの柱であり、
       

      消費者とつながるために欠かせない要素である。

      (『ストーリーブランド戦略』p.32)

       

       

      ===============
       

       

       

       


      そして著者はこう続けます。

       

       

      世界最高の技術を有するのが
       

      アップルであるかどうかについては
       

      議論の余地がある。
       

       

       


      しかし、重要なのは技術力ではない。

       

       

      人々が買うのは、最高の商品ではなく、
       

      一番わかりやすい商品なのだ。

      と。


       

       

       

      つまり、一番わかりやすくて、
       

      一番良さそうに見える商品が売れる、
       

      ということですが、
       

      現実には逆のことが起こっています。
       

       

       

       


      最高の商品を作り、
       

      その良さを全て伝えようとして、
       

      メッセージはどんどん複雑になり、
       

      営業で5分、10分話したとしても、
       

       

       


      「で、結局、何が言いたいの?」

      と言われるのがオチです。

       

       

       


      そこで有効な手段が、
       

      消費者の物語に

       

      自社製品を組み込むことです。
       

       

       


      昔から読み継がれている、
       

      聖書や古事記、ギリシャ神話が、
       

      物語形式になっているのは

       

      偶然ではありません。
       

       

       

       


      物語の力を使えば、
       

      聞き手の脳にメッセージを
       

      焼き付けることができるのです。
       

       

       

       


      そして、商品の情報を
       

      物語に組み込む方法を理解すると、
       

      消費者を引きつけて
       

      事業を成長させるメッセージを作成し、
       

      ブランド戦略を立てられるようになる、

      というわけです。

       

       


       * * *
       

       


      もしあなたが、
       

      商品情報を物語に組み込んで、
       

      ブランドを構築する方法を知りたいなら、
       

      ぜひこちらのページを見てください。
       

       

       

       


      きっと、
       

      「商品の良さをわかってもらえない…」
       

      なんて悩みとはオサラバできるでしょう。

       

       

       

       

       

               

        



       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       
        人気ブログランキング

       

      にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
      にほんブログ村

       

       

       

       

       

       


      一休み

      0

         

         

         

         

        一休みです。

         

         

         

         

         

         

        買いためてしまった本を

         

        読み進めようとするときなどに

         

        目が疲れませんか?

         

         

         

         

         

         

         

        照明機器でCCFLというのを知りました。

         

        見た目蛍光灯なのですが

         

        すごい!

         

         

         

         

         

         

         

        一個買ってみましたが

         

        蛍光灯と同じような光であって

         

        LEDのようなギラギラ感がない。

         

         

         

         

         

         

         

        しかも、LEDと同じような

         

        電気代削減と耐久性があることに驚き!

         

         

         

         

         

         

         

        これはいいかも

         

        というお話でした。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         
          人気ブログランキング

         

        にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
        にほんブログ村

         

         

         

         

         

         

         


        億万長者の不況に強いビジネス戦略

        0

           

           

           

          億万長者の不況に強いビジネス戦略

           

           

           

           

           

           

           

          中身を読まなくてもわかる本の要約

           

           

           

           

          新・経営の教科書 

           

          全ての成功は個人的な決断から生まれる。

           

           

           

           

           

           

          この本、億万長者のビジネス戦略の中で

           

          ダンケネディはこう言っています。

           

           

           

           

           

          ビジネスの成否というのは

           

          ビジネスそのものの優劣よりも

           

          経営者の決断力で決まります。

           

           

           

           

           

          商品が売れるかどうか見極めるのも

           

          雇っていい従業員かどうかを判断するのも

           

          全ては経営者だからです。

           

           

           

           

           

           

          従って、ビジネスで成功するには

           

          儲かるビジネスを探すことよりも

           

          まず経営者として決断力を磨くことが大事です。

           

           

           

           

           

           

          いい儲け話を見つけることができれば

           

          短期的には儲かるかもしれません。

           

           

           

           

           

          しかし、経営者としての実力がないと

           

          それは儲け話で終わってしまいます。

           

          なので、長期的に成功することはできません。

           

           

           

           

           

           

          では、どうすればいいのでしょうか?

           

          それがこの本の中で語られているテーマです 。

           

           

           

           

           

          例えば、ダン・ケネディはこの本で

           

          友人を変えろ、と言っています。

           

           

           

           

           

          不思議なことに私たちは生活の中で

           

          一番長時間関わるアイデアの通りに

           

          なっていきます。

           

           

           

           

           

          そして、そのアイデアの元は、

           

          読む本や雑誌、視聴する番組、

           

          一緒に時間を過ごす人からです。

           

           

           

           

           

           

          ですので、

           

          プライベートの交友関係も

           

          経営者としてのものに変えていかないと

           

          ビジネスで成功することはできません。

           

           

           

           

           

           

          ビジネスには成功も失敗もない。 
           

          成功するのは「人」であり
           

          失敗するのも「人」なのだ。

           

                             ーダン・ケネディ

           

           

           

           

           

           

          経営者としての決断力を磨ける

           

          ダン・ケネディの最高傑作です。

           

           

           

           

           

           

          目次

           

           

           

          第1章 起業家の現実

           

          1 成功するための決断

           

          2 起業家が直面する厳しい現実

           

           

           

          第2章 成功の条件

           

          3 アイデアの良し悪しを判断する方法

           

          4 大きな成功はポジショニングがもたらす

           

          5 起業家が大金を稼ぐ方法

           

          6 短期間でお金持ちになるための突破口

           

           

           

          第3章 新・経営の教科書

           

          7 自分を信じる

           

          8 キーパーソンはどこにいる

           

          9 弁護士や会計士との付き合い方

           

          10 経営の教科書は捨ててしまおう

           

          11 キャッシュフローの管理術

           

           

           

          第4章 新たな時代のルール

           

          12 最高の生産性を実現させる方法

           

          13 幸運を引き寄せる起業家の習慣

           

          14 好循環を生むミニ・コングロマリット戦略

           

          15 何のためのビジネスか?

           

          16 絶体絶命! ビジネスを窮地から救う方法

           

          17 ニユーエコノミーのもとで起業するあなたに

           

           

           

                               

              

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           
            人気ブログランキング

           

          にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
          にほんブログ村

           

           

           

           

           

           


          ビックリするほどよく売れる広告集

          0

             

             

             

             

            ビックリするほどよく売れる 超・ぶっとび広告集

             

             

             

                   

              

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            商品の説明 抜粋

             

             

             

             

             

            あなたが今まで学んだやり方は、

             

            全部忘れてください…

             

             

             

             

             

             

             

            それは、チラシ作りの「プロ」とか、

             

            集客「コンサルタント」とか、

             

            マーケティングの「エキスパート」とかが

             

            教えている、王道で正統派で、

             

            しんどいやり方です。

             

             

             

             

             

             

             

            というのも、

             

            私はある本を読んで裏技を発見したからです。

             

            これはとても楽しく、

             

            簡単な上に(ときには30分もかからないこともあります)、

             

            めちゃくちゃ売れるという

             

            「ぶっとんだ」方法です。

             

             

             

             

             

             

            ・・・うさんくさい!

             

            と思いましたよね?

             

            でもそこがポイントなんです。

             

             

             

             

             

             

            ほとんどの人は、

             

            ちゃんと成果の上がる広告を作るには

             

            ものすごい時間と手間をかけなければいけない、

             

            と思っています。

             

             

             

             

             

             

            しっかり準備して、

             

            何度も打ち合わせして、

             

            そしてお金をかけて、、、

             

             

             

             

             

            信頼性が高くて「ちゃんとした」ものを

             

            作らないといけない、と思っています。

             

             

             

             

             

             

            でもあなたもご存知の通り、

             

            広告がうまくいくかを決めるのは

             

            そういったところではありません。

             

             

             

             

             

            あなたが「ちゃんと」作ったとか、

             

            お金をかけたとか、

             

            一生懸命やった、ということと、

             

             

             

             

             

             

            広告がうまくいくことは

             

            当然のことながら無関係です。

             

             

             

             

             

             

            たとえば、

             

            これらの「ビックリするほどよく売れた」広告たち。

             

            これらの共通点は何でしょうか?

             

            (本書「ビックリするほどよく売れる

             

             超 ぶっとび広告集」に載っている広告です)

             

             

             

             

             

             

            事例1)

             


            社長の長期個人旅行中に

             

            旅行先から送った絵ハガキ。


            旅行中、顧客が殺到!スタッフは大忙し…

             

             

             

             

            絵はがきに

             

            「休暇中だってあなたのことを考えています」と

             

            一言メッセージを入れて、

             

            休暇中の旅先から顧客に送りました。

             

             

             

             

             

             

            すると、それを見た顧客がお店に殺到。

             

            休暇を終えて戻ってきたら、

             

            今までにない大きな売上が上がっていました…。

             

             

             

             

             

             

             

            事例2)

             


            「アレ」に似せた封筒で送った

             

            セールのお知らせが大成功

             

             

             

             

            さて、何に似せたかわかりますか?

             

            封筒の中身は普通のセールのお知らせです。

             

             

             

             

             

             

            事例3)
             

             

            こんなのアリ??


            誕生日「後」誕生日キャンペーン??

             

             


             

             

             

             

             

             

            マーケティングに力を入れている会社は

             

            顧客の誕生日にキャンペーンをしますよね?

             

            でもこのハガキはそれとは少し違います。

             

             

             

             

             

             

            誕生日キャンペーンに反応してくれなかった顧客に、

             

            誕生日が終わったあとに

             

            フォローアップとして送られたもの。

             

             

             

             

             

             

            「あなたの誕生日をお祝いできなかったことは

             

            本当にショックです」

             

            というメッセージを添えて、

             

            誕生日「後」の誕生日キャンペーンを

             

            オファーしたのです(笑)。

             

             

             

             

             

             

            こんなハガキが届いたら、

             

            あなたはどう感じるでしょうか?

             

            あなたのお客さんはどう感じると思いますか?

             

             

             

             

             

             

            うまくいく広告の秘訣。

             

            それは…目立つこと!

             

             

             

             

             

            このようにうまくいく広告は

             

            例外なく目立っています。

             

             

             

             

             

            当たり前ですが、

             

            広告は読まれなければ

             

            全く意味はありません。

             

             

             

             

             

            あなたがどんなに魅力的な商品やサービスを持っていても、、、

             

            どんなに技術力に自信があっても、、、

             

            どんなにお買い得な価格を設定しても、、、

             

            その広告が読まれなければ、全てはムダです。

             

             

             

             

             

             

            しかし、

             

            優秀でマジメで勉強熱心な人の作る広告は、

             

            目立ちません。

             

             

             

             

             

             

            実際に、自分の家のポストを覗いて見ればわかります。

             

            ポストの中には、たくさんの広告が入ってくるでしょうが、

             

            その広告をあなたはどれだけ読むでしょうか?

             

            そのほとんどが、ゴミ箱行きじゃないでしょうか?

             

             

             

             

             

             

            私たちが、1日にみる広告や売込みのメッセージの数は

             

            3700にも上ると言われていますが、、、

             

             

             

             

             

            「今の世の中にある広告の99%はゴミ」だと、

             

            ある広告業界の巨匠は話します。

             

            どれも似たようなものばかり、

             

            退屈で、読む価値のないだと。

             

             

             

             

             

             

            ではなぜ、

             

            ほとんどの広告が

             

            ゴミのようなツマラナイものに

             

            なってしまうのでしょうか?

             

             

             

             

             

            答えは簡単です。

             

             

             

             

             

             

            それは、、、

             

            ほとんどの人が同業の広告をマネて作ったり、

             

            広告のセミナーで習った方法を

             

            そのままマネて作っているからです。

             

             

             

             

             

             

            同業の広告をマネたり、

             

            みんなが学んでいる方法で広告を作ったら、

             

            同じような広告ができてしまうのは、

             

            ごくごく当然のことです。

             

             

             

             

             

            ただ悪目立ちする広告

             

            vs

             

            成果につながる広告

             

             

             

             

             

             

            では、他の広告や方法をマネずに、

             

            誰もやっていない目立った広告を作ればいいのでしょうか?

             

             

             

             

             

             

            当たり前ですが、

             

            それだけでは不十分です。

             

             

             

             

             

            全ての広告は、

             

            注目を集める目立つものにする必要がありますが、

             

            ただ注目されるだけではいけません。

             

             

             

             

             

             

            少し前に話題になった

             

            ネットの炎上マーケティングを考えてみて下さい。

             

             

             

             

             

            炎上マーケティングを使えば、

             

            知名度はあがるかもしれませんが、

             

            必ずしも売上が上がるわけではありませんよね?

             

             

             

             

             

            それに、「輝かしい賞をとるような奇抜な広告」

             

            必ずしも効果が高いわけではありませんよね?

             

             

             

             

             

            賞を貰うこととその広告が売れるかどうかは?

             

            は全くの別物です。

             

             

             

             

            つまり、ただ目立つだけでは、

             

            売れるとは限らないのです。

             

             

             

             

             

            では、たくさんの人に注目されて、

             

            そして成果に繋がる広告をどうすれば作れるのでしょうか

                  

             

             

             

             

             

            本書のアイデアをすべてを試す必要はありません。

             

            可能だと思える二つか三つを試してみてください。

             

            きっとそのアイデアは、

             

            あなたに今までにない

             

            ”常識外の成果”をもたらしてくれるでしょう。

             

             

             

                    

              

             

             

             

             

             

             

             

            私はSNSでの広告に

             

            活かせればと

             

            思っていますがいかがでしょうか。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             
              人気ブログランキング

             

            にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
            にほんブログ村

             

             

             

             

             

             

             

             



            ご連絡メ−ルアドレス

            ビジネスの初歩などご意見交換の親睦目的のアドレスです。  fukucyan@hanjoueigyo.xyz

            おねがいしま〜す

            人気ブログランキング

            Googleadsence

            にほんブログ村

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            書いた記事数:155 最後に更新した日:2019/04/09

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM